来て、見て、書いた。

自ら足を運び目にしたものを書く方向性。

推しのために資生堂でメイクを教わってきた。

先日、資生堂のパーソナルビューティーセッションに行って参りました…!

f:id:torata_nu:20170831113450j:plain

 

Twitterかなにかで見かけて以来、ずっと行きたかったメイクレッスン…。

6月から再開したばかりで、予約戦争も熾烈な為、何度も挫折しておりました。

ですが! 先月! ようやっと予約を取ることが出来まして!

やったー!

 

予約を取ってから、ずーっとわくわくし通しでした。

いや、普段はすっぴんなんですけどね! 仕事柄、外、出ないし! 人ともあんまり会わないし!

自分自身にとってはそこまで重要じゃないメイク。玩具としては好きだけど、綺麗になる意欲は薄い。


でも、推しに会う時くらいは、ちゃんと可愛くなりたいじゃないですか…!!!!!

 

まあぶっちゃけ推しのためと掲げつつも、そういう風にして自分を鼓舞したいだけなので、9割9分自分のためです!!!!!

 

それでも……ほんのちょっとだけでも……自分の嫌いな部分をどうにかしたい…。

でも下手にやると、えらいコテコテかつ良いのか悪いのかピンとこないままで、結局テンション下がって、イベントに行く羽目になる…。運良く何となく上手くいって、出かけにテンション上がっても、ショーウィンドウや電車の車窓に映った顔にヒィッてしてテンション下がるし…。

可愛くない、美しくもない、申し訳ない、こんな人間が視界に入って、ごめんなさい……。

あとまあ、ほら、あの人のファンにモサコニいるよねwとか、言われるの、辛いじゃないですか。

私自身がコニなのは事実だけど*1、ちょっとはモサから脱したい~!!造形的におきゃわは無理でもまだましな部類に入りたい~!!!!私を介して推しとそのファン界隈をdisられたくない~!!!!

そんなことを思いながら、雑誌を買ったり、BAさんに相談したりと、いろいろと試行錯誤してみるも、いまいち正解がわからないまま。気に入って買った(大体ただのパケ買い)ものも、色味が合わないような気がしたり……。


そんな悩みをすべて払拭する、最高の機会。

全力で学んで来ようと、決心して行ってきました。

 

私が予約したのは、ゴールデンバランス&パーソナルカラーメイクアップレッスンのコース。

ゴールデンバランス&パーソナルカラーメイクアップレッスン

フルメイクアップレッスン&似合うカラーをセレクト
専門機器で顔全体のバランスを分析し、さらに魅力をアップするためのバランスメイクアップをレッスン。さらに似合うカラーを分析し、ご自身をより魅力的に演出するメイクアップの色選びのポイントをお伝えします。

20,000円(税抜) レッスン時間 約120分(所要時間約140分)

 

お時間は約120分(所要時間約140分)

お値段なんと20,000円(税抜)

 

…にまんえん……。

……お高い。

大型ミュもA席なら2回行ける…2.5次元系ならちょっと足せば3回……。

 

でも、これまでの悩ましきうにうにを全部払拭できる!
一気にしっかり勉強できるッ…!

 

メイクだけであれば、12,000円のコース*2や15,000円のコース*3等もあるのですが、この際全くわからなかった、お肌のイエベ・ブルベとパーソナルカラーについて、プロに教えてもらおうかなと思いました。その辺がわかれば、メイクの色はもちろん、服の色なんかの参考にもなりますしね。

あと、このコース終了後、また別のレッスン*4が受けられるらしいので……


どうせ5000円しか違わないし!

とりあえず一発行ってみるぜ!

と、奮発してみました。

 

ちなみに写真とか撮ってないのと、記憶が既にふんわかし始めているので、以下のサイトさんとかも参考にして下さい。

資生堂ザ・ギンザ!メイクアップレッスンを体験♥ | FEATURE | BeautyExchange.jp

資生堂のフルメーキャップ&パーソナルカラーレッスンを受けてきた - おのぼりOL適当日記

資生堂ザ・ギンザのメイクレッスン体験!【画像あり】リストNo.9 | 好きなことだけして生きていく!滋賀おひとりさまが行く!

私らしく綺麗にハッピーに♡人生を変える自分磨きビューティレッスン | ピュアラモ(Purelamo)|女性向け美容・ファッション情報メディア

 

 

銀座。

有楽町はシアター・クリエに通うことが多いので、よく来ていたのですが、銀座まで行くことはほぼ無く…。今回足を運んでみて、あまりの近さにビックリしました。脳内地図が滅茶苦茶雑いことがバレてしまう。

 

ついでなので、松屋銀座で開催中の『ガラスの仮面展』にも行ってきました。

紫のバラのスタフラ、大変わかってらっしゃる…。最高です。

 

その後、大通りを歩いて移動。

超暑い日だった為、日傘をさしてもなお汗だくとなり、この時点でほぼ化粧が落ちました。あと銀座、すごい外国人さん多い。

 

場所

SHISEIDO THE GINZAの4階

現在1、2階が改修工事中のため、大通り沿いの入り口は閉鎖されています。その為、ビルの横の花椿通りを、ちょっと入った所にあるエレベーターへ。

受付さんというか、案内役というかのお姉さんにいざなわれ、4階まで移動。

大変美しいフロアに到着すると、すぐに係りの方がお迎えしてくれました。速攻で名前を呼んで下さったので、一つの時間枠に一人前後しか受け付けてないのかな?と思ったり。ちゃんと個別に認識して貰えると、すぐにキュンとくるタイプなので嬉しかったです。

その後、真っ白で清潔なお部屋に案内されました。壁際にいっぱいメイク道具が詰まった棚があって、引き出しを開けると壮観でした。

 

事前準備(問診票)

予約の10分前に部屋に入り、問診票に記入します。

問診票は、

・今回何を目的としているか?
何を習いたいか、どういうことについて知りたいか等

・普段のメイクについて
下地・ファンデ・アイシャドウ(色の種類など)…など、一揃いや、所要時間等

・希望のメイクの方向性

パーティ・週末・日常・会社…等から選ぶ

・メイクの所要時間

などを書きました。

 

私は、

・目的:下地の使い方がわからない。アラサーなのでキレイめメイクにシフトしたい。

・普段使い:先日まとめたもの(かばんの中身のメイク欄)

・メイクの方向性:日常*5

・メイクの所要時間:10分程度

という感じに回答しました。

ビューティーメンターさん(メイクを教えて下さる方)に、「いっぱい書きましたね~!」と言われましたが、それぞれをしっかり把握した上でメイクを教えてくれて、とてもありがたかったです。

ある程度、自分がしたいことを決めて、それをきちんと伝えると、セッション自体の満足度が上がる気がします!! コミュニケーション大事。

 

 

開始時間になり、担当のビューティーメンターさんが登場。問診票などを読みながら、今回の流れなどについて説明して下さいました。

 

メイク落とし&バランスチェック

してきたメイク*6を落としてもらい、真正面から撮影。

iPad Pro&レンズスタイルカメラ*7で、超良い画像を超良い画面で、リアルタイムで確認しながら撮影出来て、すごい…となりました。設備がさすがすぎる。

そして、撮影した画像を専用のアプリで処理。アプリが自動で目頭などのポイントを取ってくれたのを、メンターさんが多少修正してから、それぞれの長さ・バランスを取っていきます。

そして出た結果が、以下の通り。

f:id:torata_nu:20170831113500j:plain

左上の人は、標準(ゴールデンバランス)の顔の見本です。

余談ですがこの顔を見せて貰いながら、「この方知ってますか?」と聞かれて少しビビりました。知り合いの顔なのかと思った…(?) 単純に見本として流通してるから、割と見かけることもある?的な話でした。

話戻って。

この方のバランスにどれくらい近いか、という数値を今回出して貰いました。

f:id:torata_nu:20170831113536j:plain

完全なゴールデンバランスが1、それよりも近い・短い場合はマイナス、遠い・長い場合はプラスで表示されています。プラマイ0.02は許容範囲、また今回は目位置の-0.03もそれに含んで貰ったので、8個の数値中5個がゴールデンバランスでした。

ただ、この数値はあくまでも、理想とされているバランスにどの程度近いかを現すもの。

これが揃ってれば完全美人であるとか、そういうのではない。また今回のメイクレッスンも、バランスを取ることをベースに進行していくけれど、個性とかを出すのであれば、あえて外したり変えたりするのも良い…というような話をメンターさんがして下さいました。

要は数値が外れてても、メイクで補正できるし、自分の個性にもなるよ、みたいな話です。

f:id:torata_nu:20170831113558j:plain

プロポーションの特徴を絵にしていただいたもの。

目と目の間が広い(1.29)、口の幅が狭い(0.92)について主に書かれています。

自分では、「目と目の間が広い…何で埋めれば……??」と思っていたのですが、メンターさん曰く、「目と目の間のバランスは、目の幅一個分が適正なので、目を大きく見せればOKです」とのことで。その為、上の図では目尻のアイラインをちょっと長めに引いて、目頭にアイシャドウをしっかり入れよう…みたいな感じの絵が描かれています。

口の幅は素直に横に広げる感じで。上唇の両脇がえぐれてる(富士山みたいな形)なので、そこをオーバーリップ気味にして埋めつつ、唇の端にもしっかり色を入れていく…というような説明をしてもらいました。

まあそんな感じで、数値的に離れている部分は、メイクで補っていく方法があるので、無問題でした。

 

個人的にビックリしたのは、下図の「顔立ち分析結果」。

f:id:torata_nu:20170831113524j:plain

あなたの顔だちは…… キュート かわいらしい

見た瞬間、マジかよ?!!ってなりました。

個人的に顔が怖い族だと自分のことを思っていたので…。視線がキツくて、眉がごわってしてて、陰険な感じ。ちょっと自分に優しくするならボーイッシュ…みたいな……。でもそれも、努力を忘れた男女みたいな感じで…。

そもそも、この四択が、

フレッシュ・快活/キュート・かわいらしい

クール・シャープ/やさしい・女らしい

なので、怖いはないのですが。あと単に、顔の長さと輪郭のラインで判別するようですが。

でもなんか…カワイイ……カワイイ……私が……?みたいな動揺が走りました。

表を見ると判るとおり、キュート・かわいらしい寄りで、優しい・女らしいにも若干またいでいるそうです。

単に数値的なものとは言え、客観的にそういう回答が出ると、なんか救われますね。滅茶苦茶嬉しかったです。

 

パーソナルカラー診断

すっぴんになった所で、パーソナルカラー診断。

先に肌や髪の色、髪質、目の特徴とかから、ベースとなる色を判定していきます。

私は黒髪で毛質も硬いのですが、瞳が色も明るく、キラキラしているらしく(好きなものとか興味がないものがすぐバレた…)ブルベ・イエベどちらでもあるよう。

その後、メンターさんが色布をあてて下さり、パーソナルカラーを診断。

最終的にイエローベースのSpringと判明!

でも確か、Summerも(若干顔色がクールになるものの)一応似合う…という感じになりました。

パーソナルカラー【スプリング】さん必読!プロが教える特徴と似合うカラー

大体派手な色が好きなので、オッシャー!趣味のものを着ても大丈夫だ!!となりました。

ここで質問などありますか~と聞かれたので、いくつか質問し、ご回答いただく。

 

・店頭で買う場合、電灯の関係ではっきりと色がわからない時もあるけれど、どうすれば良いですか?

出来るだけ明るい所で見たり、自分に当てて見て下さい。

 

・Spring、色が派手で…どう取り込めば良い?

全体に使うと派手になりすぎる場合もあるので、ストールとかワンポイント入れても良いかと思います。*8

 

そんなこんなで、ゴールデンバランス&パーソナルカラーが判明したので、今度はメイクレッスンにGO!

 

メイクレッスン

ここで使用する化粧品・道具は、全て資生堂さんの製品です。つまり、後で横のショップで買えるということ…!!

使ったものは道具(チップなど以外)も含めて、紙にまとめてくださるので、便利でした。

 

・化粧水・乳液

まず初めに、化粧水・乳液などで肌を整えます。

今回使っていただいたのは、THE GINZA。実店舗では、同店舗・帝国ホテル・空港のみで販売している製品で、敏感肌用などはなく、使う人の肌に合わせて効き方が変わるシリーズです。

商品一覧 | ザ・ギンザ

瓶を並べて「ほらこうすると銀座の街並みのよう!」って言われた時に、「おお!」としつつも、内心(おお……??)って思ってごめんなさい。瓶は銀座~~~!!って感じで、デザインも滅茶苦茶おしゃれです。ライン使い出来たら格好いい*9

化粧水などは塗り方も重要なんですよ~~と言われて、すごい丁寧に塗って下さったのが気持ちよかった…。こう、くるくると塗り広げつつも、手のひらできゅっとあたためつつパックして、肌に浸透させる感じで…。

本当にこの塗り方をすると、自宅にあるビオレのうるおいジェリー(オールインワン化粧水・乳液/安い)ですら結構効く感じがします。

……資生堂使ってなくて申し訳ない。

 

・ファンデーション

「メイクに余り時間をかけないタイプとのことでしたので、今回はリキッドファンデーションをご提案させていただきます!」

と、こちらの希望や傾向をしっかり聞き入れて下さったご提案をいただきました。

ファンデーションから、片方の顔をメンターさんが、もう片方の顔を自分がやるスタイルになりました。顔の右左どちらを自分が担当するかも、希望できます。私は何故か左にしました…右利きだから多分、右顔の方が楽な予感はしたのですが。

 

プロジェクションマッピング

プロジェクションマッピング

自分の顔に! マッピング!!

https://www.instagram.com/p/BVCNguvjSs-/

(※上記は私ではなく、資生堂ザ・ギンザ!メイクアップレッスンを体験♥ | FEATURE | BeautyExchange.jpの体験者さんの様子)

小さい会議用みたいなプロジェクターが出てきた時には、ちょっとテンション上がりました。直に顔に当てていますが、低出力?なのか、別にまぶしいことはないです。

投影場所などを合わせて、いざ・マッピング

パーソナルカラーの情報を生かしつつ、似合うアイシャドウ・チーク・リップの色を探ってみました。

 

・メイク

メイクは全て私に合わせたやり方(それこそ先述の、バランスを取るための方法)なのでザックリと…

とりあえずファンデーションと同様に、半分をメンターさんが先にやり、もう半分を自分でやります。

f:id:torata_nu:20170831113741j:plain

コレはBASE部分。ファンデーションやコンシーラーの付け方などの説明です。以前のレッスンだと、顔写真に描いてくれたようですが、現在はこういう紙にポイントを書き出しています。

個人的にビックリしたのは、ファンデーションは外側にむけて薄くのばす、ということ。

綺麗に均質に際まで塗る…っていう感覚でいました…今まで……。

どうやら、見える部分(前の方)はしっかりと、サイドはうっすらでOK。ということらしい。

前にチークの付け方で、サイドまで伸ばすと、そこまで顔になるからNGという話を聞いていたのですが、ファンデーションも同様なようです。外側までびっちりと塗ってしまうと、そこまで正面から認識できてしまい、結果として大顔になる…。

そのほかも、アイラインの引き方やアイシャドーの入れ方など、細かく教えてくれました。

 

今回、クマが酷い・鼻の脇の赤みが強いなどの、自分が気にしている所などを伝えておくと、きちんとそれにあわせたコンシーラーの使い方を教えてくれました。

ちょっと奥二重気味で、二重幅が狭いので、アイラインを太く入れると一重になってしまう…など、普段思っていることなどを伝えても、丁寧に反応してくれました。

やっぱり、気になる所・知りたい所はしっかりまとめておくと吉だな! と。

フルメイクのレッスンだと、やっていく中で気になることなどが思い浮かんでくるのですが、もし思い出せる自信がないとかある場合は、紙に書いてまとめていっても良いかもしれません。

 

終了

そんなこんなで、今回のビューティーセッションは終了。

今回は、上記の

・ゴールデンバランスについて書かれた紙

・メイクの仕方について書かれた紙

だけでなく、

・メイク Before&After

・パーソナルカラー診断結果

・今回使用した化粧品をメモした製品表

・THE GINZAの化粧水系ミニパック×2

・お水(ボルビック)

もくれました。

お部屋でお会計した後、担当してくださったメンターさんが一緒に外に出て、売り場まで連れて行ってくれました。別に押し売りするわけではなく。こっから自分で見ます~と空気を出すと、サッと引いて任せてくれたのでとても気分的にも楽でした。

 

化粧品購入

せっかくなので!お買い物をしましょう!!

とはいえ、現在改装中。売り場が大変狭かったのはちょっと難点でした。でもお客さんが結構居るものの、担当の方が上手く捌いていて混雑感はなく、品物の展示も綺麗だったので、ゆっくり過ごせました。

私が今回買ったのは、こちら。

f:id:torata_nu:20170831170713j:plain

資生堂 PLAYLISTのリップ!

そう、先日Twitterを湧かせていた「自分のすっぴん写真を送ると、アーティストさんが的確なメイクの仕方とそれ用のキットを教えてくれる」Artist Kitのものです。

リアル店舗だと、こちらのSHISEIDO GINZAのみの取り扱いで…しかも少量&華やかな色合い&ホルダーを使うと2色同時に持ち歩けるという点に惚れて、2本お迎えしてしまいました。マットとグロッシーの赤と朱色にしてみました。

あとは、今回使用したアイライナーと、別に使用していないマキアージュの化粧下地。リキッドファンデも良いのですが、まだ使っているパウダーファンデがあることと、幼馴染みにお勧めされていたことがあり、今回は下地を買いました。

そして完全に余談ですが、その後GINZA SIXに移動してジル・スチュアートでオレンジ・ピンク系のチークを購入。チークはジルがいい…カワイイから……可愛いから…。ちなみに前に使っていたやつは、既にほぼなくなっていたのもあるのですが、ちゃんと見たら完全にブルベ系ピンクだったのでやめました。あとマツキヨで眉・まつげに使える茶系マスカラ(マジョマジョ)。

 

予約

メンターさんや案内をして下さった方、皆さま同様に言っていたのが、

「よく予約取れましたね!!」

「予約取れたのすごいですね!!」

ということで…。

6月からの再開以降、予約の取りづらさが半端なく、キャンセル待ちも最高で400人だか700人だか集まったことがあるそうで。ちょっとしたペダステの当日券待ちですね。

なので一応自己流ですが、こうやったら取れたよ~っていうメモを置いておきます。前にこのブログの別の記事に載せたのとほぼおなじ感じです。

前提

・1ヶ月前の午前11時から受付開始

6/11にとりたい場合は、5/11の11時から受け付け開始。7/31あたりがどうなってるのかは不明。

・何時の枠があるかどうかは、受付開始しないとわからない

多分。私は見方がわからなかった。大体11時、14時、16時あたりの枠があるが、日によって違う。

・即完売する

受付開始から3分くらいで大体完売。たまにキャンセル枠・電話受付枠などが戻っているが超レア。

 

下準備

・先にアカウントを作る

予約枠をとってからアカウント作る暇はない。と思う。出来ればブラウザの機能などで、ログインIDやパスワードが自動入力されるようにしておく。

・予約したいコースの、「メニュー・日付選択」画面を開く

予約開始日の11時よりもちょっと前に(重要)、予約したいコースの予約画面を開いておく。前過ぎるとタイムアウトしてしまう可能性があるので、3分前くらいがいいかも。

ついでに、ページ右下にあるカレンダーで、予約したい日にちの4日前あたりをクリックして、一覧を開いておく。(日時選択欄が出るようにする)

 

予約

・11時ぴったりに、右側の小さいカレンダーの、予約したい日をクリックする

時間は時報電波時計に頼る。私は電波時計派です。予約したい日ぴったりではなく、その3日前などでもいい。左側の日時選択欄に希望日の欄が表示されればOK。

・希望の日の希望の時間をクリックする

画面が更新され、予約可能時間が表示される。この時なら恐らくどれも◎表示されているはず。自分の希望の日の希望の時間をクリックする。時間的に合わない枠しかなかったら諦める。

・そのまま無事に済めば(他の人とバッティングして負ける、電波状況が悪くなり…などもある)予約完了。

おつかれさまでした。

まあコレをやれば確実に取れる…という訳ではないのですが、とりあえず参考になれば。

 

終わりに

なんかもう……すっごい!勉強になりました!!

ファンデーションの塗り方から、アイラインの引き方、チークの入れ方やリップの作り方まで、根気強く本当に丁寧に教えてくださって…。

あとやっぱり、自分で試行錯誤しているよりも、信頼できる方に教えて貰ったというのが一番大きい!

自分の顔に自分の手でメイクしていると、どこまで行っても自分の判断や基準でやることになってしまって…雑誌で勉強しても、それを取り入れるか否かも自分で決めるので、今一歩、状況を打開出来ない。セルフイメージにそって、テンプレを作ってしまう。

私は、自分の顔は厳つい、というイメージだったので、眉に余り手が加えられず…(もさもさしているので、どこまで剃って・描いて良いのかわからない。一応整えてはいるものの…)

それを「こうだよ!」って教えて貰って、新しい方法を手順に入れて貰えて本当に助かりました。

あと、「キュート・かわいい」という判定ね。すごいビックリしました。

 

ゴールデンバランスの判定と、ビューティーメンターさんというプロフェッショナル。

信頼できる機械と他者という客観的な視点で自分をとらえる。

それは、綺麗になるのも当然ながら、自分を見直すきっかけにもなるので、すごい面白かったです。

 

ただ、先にメンターさんが言っていたのと被るのですが、今回のメイクはあくまでもゴールデンバランスに近づけるものであり、かつ、現在の流行のメイクを取り入れた*10ものなので、この先ずっと通用するという訳ではないそう。

でも、自分でメイクしていく中で、どうしてもまたテンプレになっていってしまいますし、これだけ面白くて勉強になるなら、また改めて行くのも面白いな~!!と思いました。

 

セッション後、地元に帰宅した際に、時々犬の散歩で会う、犬連れの方と鉢合わせたのですが、

「えっ……とらちゃん(仮)……髪型変えた?? あれ、違う、何…すごい雰囲気違う……綺麗になった…!!」

と、絶賛というか仰天されました。薄暗かったのでメイクが違うというのはわからなかったようですが…まあ犬の散歩はだいたいスッピンですしね…。

あと、基本を押さえたメイクwithマキアージュの下地。RENT大千秋楽での大号泣+福岡の暑さ+飛行機移動にも丸一日耐えきりました。多少鼻はテカったものの、他の汗や涙、乾燥にはビクともしませんでした。

なんかもう……効果、すごかったです。

資生堂さんに感謝。

*1:推しがダイエット始めたので痩せます。痩せます。

*2:パーツメイクアップレッスン

*3:ゴールデンバランス・メイクアップレッスン

*4:アディショナルカラー・メイクアップレッスン

*5:メイクをしていく場所は、劇場・イベント会場ですが、別にパーティとかのように自分の顔を魅せる!!という場所ではないので、日常用でお願いしています。

*6:ただし汗でほぼ落ちている。下地使ってないからね……

*7:見た目レンズのみのカメラ。スマホ(今回はiPad)などに接続して撮影・確認することも出来る

*8:金パ+オレンジレッドワンピでカズレーザーになったことがあるので、なるほどな…となりました。

*9:1瓶でビューティーセッション並みのお値段

*10:眉もふんわり太めにされました