読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来て、見て、書いた。

自ら足を運び目にしたものを書く方向性。

月組公演 『NOBUNAGA<信長> -下天の夢-』 感想

感想 舞台

 

先日、月組公演 『NOBUNAGA<信長> -下天の夢-』『Forever LOVE!!』に行って参りました!

宝塚は、気になる演目か月組さんの公演には足を運んでいる感じですが、これで……何回目になるのかな。でもまだ片手で足りるくらい。向かいのクリエさんの方がよっぽど(といっても20回超えた程度かな)通ってるような、にわかの感想なのでゆるっと読んでくださいまし。

お芝居のほう。

なんとなく因縁深きNOBUNAGA公。村井さんファンをしているので、やっぱり信長様は他の武将とはまた謎の別枠にいる感じなのですが、まさか宝塚で、龍さんの卒業公演で観るとは…と不思議な気分になりました。まあ大変人気な武将さんですし、そこら中にいると言えばいるのですが。そういえば刀ステも信長公だった。

それはともかく。お衣装もメイクも音楽もかっこよかった! ロックな楽曲の魂が、信長の目にした夢と呼応して、テンションが上がります。

高みにある夢を自ら目指しながらも、ある意味では、乗り越えるべき障壁、そのシンボルとしての立場であることも理解している信長公の視野の広さと度量、それを演じる龍さんの強さと輝きをバリバリに感じました。

珠城さんのロルテスや、凪七さんの明智、美弥さんの羽柴の繊細で熱い信長公への想いも、卒業される龍さんと皆さんの想いがオーバーラップしているのかな?と感じられる部分があり…いろんな意味で熱かったです。

ただ少し難しいなぁと思ったのは、本能寺の変とか有名な合戦で一番盛り上げるようなド定番の構成ではないあたり。信長公!ひゃーかっこいい!!ばばばばーん!!!!っていうのではないんですな。

合戦前後の陣営内であった内幕物の群像劇、という感じ。日本への宣教にまつわる歴史的新解釈を交えつつ、ロルテスだけでなく各武将、足利氏の心情やそこに至る背景まで、細かく拾っているため、意外と地味で難解なのです。細やかなお芝居や表情が、ロックな音楽と共に堪能できるので楽しいのですが、もう一つだけパンチが欲しかったかなあとは思ってしまいました…冒頭の敦盛とか、すっごいかっこいいので…。

あっ!! でも限りなく個人的な好みなんですけど、女忍者がいっぱいいて可愛かったです!!!! 真田十勇士でも、ほたるちゃん大好きすぎて、自分としても疑問だったんですけど、どうやら女忍者(くのいちと言うよりは女忍者とか女忍表記のちょい無骨感が好き)が萌え属性らしいです。この作品で初めて知りました。黒系ミニ丈着物に額当てにタイツ素晴らしい。っていうとヘンタイっぽくなるのはなんでだ。それはともかく、帰蝶さまもあざみちゃんも、かっこいいのに可愛くてたまらない。女性陣の強さ(家臣団の妻達)も良かったのです。これもまた群像劇としての作劇が生きている部分でもあるのかなあ。

ショウのほうも、めちゃくちゃかっこよかったです! ピンクのお衣装が可愛いやら、クールやらで…衣装替えも良くて好きでした。途中の場がなんとなく獣王星アースカラーのちょっとワイルドな衣装)。終盤の盛り上げも凄いかっこよくて…メインテーマの耳に残りやすさも良かったです。らーぶらーぶらーぶふぉーえばーらーぶ。