読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来て、見て、書いた。

自ら足を運び目にしたものを書く方向性。

村井さんのどんなところが好きですか?全部という回答はなしでお願いします

Ask.fmで聞いていただいたので、こらしょとばかりに書いたら、字数制限に引っかかったでござるの巻。2014/9/17に旧ブログに書いた物に、加筆しております。

 

 

 

箇条書き系で行きます。

 

外見など

顔立ち

当人も普通の顔立ちだと思っているようですが、私も割と普通の顔立ちだなと思っています。

ものすごく整った、という但し書き付きで。

以前、戦国鍋系のキャストさんの顔写真を幾つも重ねて、目鼻や顔の輪郭として残った物を抽出し、顔の平均値を出すという画像を作っていた方がいました。それが、村井さんの顔立ちを彷彿とさせる結果になっていたのです。これは、同じことアニメヒロインでやるとモブっぽくなります。つまり、平均値顔。ただ、顔写真という実線のない画像でやって、輪郭や目の感じが強く重なった部分に似ている、と言うことは、平均的、かつ端正ではっきりした顔立ちってことなんだろうなと、勝手に思っています。

限りなく平均的で、しかしそれぞれのパーツが際立ってハッキリとした、端整な顔立ち。

めちゃくちゃ目を惹く!ってタイプじゃないけど、そっと佇む美しさがあって好きです。

横顔

村井さん主演舞台「こころ」のメインビジュアルである、あの慎ましやかな横顔に、心を撃ち抜かれた方も多いのでは??? 私もその一人です。

企画・製作公演 - る・ひまわり|演劇・映画等の宣伝

f:id:torata_nu:20150518221709j:plain

鼻筋のわずかに傾斜しつつもスッと伸びたところも、唇の赤さと主張し過ぎない慎ましい形も、顎のラインのしっかりとしつつももたつきのないところも、喉元の男性的かつ優美なところも美しいです。しかもこちらは和服。少し刈り上げたうなじ周りも美しいです。

横顔で言えば、個人的には、WE LOVE  兄さんのブロマイドも美しいので、機会がありましたら是非ご覧になってください。黒衣に白い肌が映えて眩いです。正面顔の不敵な表情もたまりません。

マホロバ最大の功績は、髭の村井さんの魅力を世にしらしめたと言うことではないでしょうか。

f:id:torata_nu:20150518222253j:plain

もちろん作品としてもすばらしいです。ザッパというキャラクター、彼の生きる世界観が形成されているからこそ、あのお髭が生きるわけですが、とりあえずここは外見系でまとめているので、その辺りの話は後述します。

村井さんは髭が濃いです。剃っても青青と残りますし、割とすぐ伸びます。握手会で二回、時間をおいて回ったりすると、髭が経過時間を教えてくれます。武士ロックでの青髭ミゲル様に驚いた方も多いのではと思います。

ぴちぴちの高校一年生である坂道君や、綺麗な系統のキャラクターだと、ドーランやファンデーションの下からもうっすら透ける髭が、違和感がありました。

しかしマホロバのザッパは、初めから髭(というか体毛)のあるキャラクターでした。口ひげの形は多少整えつつも、頬にも少し残したりと、ワイルドな髭の扱いをしていました。

それが!また!!かっこよくて!!!

髭が生えた方が、幼さが浮き彫りになったり、岡田君にさらに激似になったことはさておき、とにかくカッコいいのです。

お髭×ザッパ衣装はもちろんカッコいい。野生児らしい薄汚れ、ほつれたような片マントやズボンが、さらにワイルドさを加速させます。荒々しい芝居や声も、同主演である皇子ミズハ役の佐々木君の麗しさとの対比もあって、村井さんの新しい魅力が引き出されていました。

お髭×洋服もすばらしいです。マホロバ時期に撮られたオフショットもいいです。キャスケットとパーカーと合わせているのがSo Cute!でした。乾杯戦士アフターファイブ大百科の、個人インタビューページで披露されている、吉田ナオキさんのクールなスタイリングとお髭のコラボレーションはまばゆいばかりでした。

村井さんの髭、本当に好きです。 

スタイル

体が、好きです。

背も大きすぎず、本来の意味・使い方とは違いますが、「等身大の青年」という印象があります。

骨は華奢ではなく健康的な太さ。骨密度聞いてみたい。でも必要なところは絞られていて美しいです。

座った時に、ズボンの腿付近がむちっとする(筋肉なんですけど程良く柔らかい?)のが、何ともエロいなあと思います。扇情的というよりは、健康的です。

お顔の大きさは、他のシュッとした俳優さんよりは、顎がしっかりしていたりする分やや大きいようなのですが、それでも一般女子よりは小さくて、目鼻のパーツのバランスが際だっています。ちょっとなで肩なので、そのせいで少し大きく見える部分もある気がします。

猫背なのも当人らしくて可愛いなあと……でも役に入っている時は、必要に応じて背を伸ばしているので、あまり気にならないです。

あと、そのときの芝居に合わせて、体をきちんと作るところが大好きです。(これは精神面・肉体面両方についてなのですが、とりあえずここにまとめておきます)

ザッパの上腕二頭筋も、坂道くんの細さと絶えないスタミナも、沢渡やグレッグの時の普通の青年らしさも、それぞれのキャラクターに合わせて体つきを調整しているのが、本当にすばらしい。

マホロバを母と見に行った際、それまで真田の映像などを見ていた母が「前と全然違う、身体をきちんと作っていて偉いね」と言ってくれたのですが、それに対してつい、こう答えてしまいました。「うん、だから好きなんだ」

当人としては、作ろうとして作っているわけではないようですが。役者としての魂、そして役の魂を乗せた身体が、確かにその意志を体現する。あるいは形が魂を作るのかも知れません。そんな根元的な演技のありようを見せてくれるから、村井さんが好きです。 

声は、すごく通ります。しかもすごく安定している。広がりのある声質ではなくて、笛のように真っ直ぐな音です。CD音源とかだと、加工してるわけでもなさそうなのに時々ケロケロしてる感じがするのがちょっと面白いです(音が一定なで)

個人的に聞いていてストレスがないのと、好きな声質のため、よく村井さん出演のラジオ音源とか聞いています。カワイクなくちゃいけないリユウ時のラジオは、結構喋り詰めで好きです。女の子に求める三つの条件とか、浮気拒否する辺りでものすごく低く唸るのが良い。アキラとリョウタのトワイライトララバイは、永久保存版です。私が投書した物を読み上げてくれた時は、本当に幸せでした……名前(寅太)と「これは僕が読みます」という冒頭の淡々とした宣言に胸がキュンキュンしました。投書の内容については理解を得られませんでしたが、まあそれはそれです。

闇芝居も村井さん回は完璧オンステージ状態なので良いです。程良いクズ台詞とか、吐息の芝居がたまらないので、イヤホン必須と言いたいところですが、普通に怖いのであんまりイヤホンでは聴きません。WILLを流すのも好きです。あれは環境音+村井さんの声で、まったり出来るのが気に入ってます。

あとマホロバでのがさついた、獣のように唸る声もたまらなかった! 叫び声もなかなか多かったり、大仰な台詞回しも多かったり……単純に台詞量も多かったので、至福でした。

つまり声が好きです。 

手は可愛いポイントだと思います。握手会の記憶でいきます。

体格・手首に対して比較的ちんまりとしているお手々。拳をグーに握ると、手首と同じくらいの太さになります。骨がしっかりしていて、輪郭は男性そのものの手なのですが、手の平は割とふんわりと肉付きが良くて、握手していて気持ちいいです。手の平と指の長さは1:1位。爪も(確か何かで深爪気味とか話していた気がします)短くまりっとしているのが可愛いです。

手自体は私とほぼ同じ大きさなのですが、私は手首が細く、手の平の方が若干小さくて指が長めというタイプなので、シルエットが全く異なります。だからなんだか、別の人間なんだなあと実際に感じられるポイントでもあって、見ていて飽きない部分です。 

スタイルの所で言いましたけど、太腿がいいなあと思います。肉付き豊かで愛らしい。あと五本指靴下履いてるの可愛いですよね。

スタイルブックイベントか何かの時に、スタイリストさんの指示で裸足に革靴?だったのですが、「靴下履いちゃダメ?って聞いたらダメって言われました」的なことを話していた時があって、それがまためちゃめちゃ可愛かったです。現在、ビジュアルボーイズの日記を見ると、お洒落なローファーを履いているようですが、井上正大君のお宅に訪問した際、浅い靴下をはいていたので、やはり靴下は履きたいようです。可愛い。

 

真顔

よく真顔になる村井さん。

とても綺麗なので見ていて幸せにはなるのですが、本当に何を考えているのか察しかねるのも事実。時々冷たい、だの、怒っている、だの言われているのも耳にします。私個人は、耳を傾けつつ他のことを考えているだけだと思っていますが…少し人を寄せ付けない印象があるとは思います。でも綺麗だし好きです…。

【欄外】

フードをかぶられると大体恋に落ちます。多分KHのソラの最初期にあった、フードかぶって俯いているイラストが原点にある気がするんですけど、ソコはどうでも良い。2nd写真集では、二枚ほど村井さんがフードをかぶっていたので「わぁあああ好きだ!!!」となりました。2014年のキャストサイズイベントで、村井さんがフードをかぶった写真を、自分の好きな写真として選んでいたので、内心ガッツポーズしていました。それのプレゼントには当たりませんでしたが、当選者の方に写真を撮らせていただきました。

 

内面など

真面目系天然

1st写真集「我」のメイキングビデオかな? そこでは「天然って言われるんですけど、違うと思うんですよね」と言っていた程度の、無自覚真面目系天然村井さん。可愛いです。

でも最近は天然であることを若干認識しているような言動もあった気がしますが、記憶が定かで無いです。年上の方には、末の弟くんだなあと感じる言動をしている時も多いですが、ほとんどの方には真面目でしっかりとした態度をとるのが格好いいです。

すごく真面目で、丁寧で、誠意有る方なのがまたすごいし、好きだなあと思います。

 

ズバッと行く

割と悪気なくズバッと行くのが好きです。

マホロバトークショーで教師の方からの質問を読んでいた時、その質問の文字が汚いことを受けて、「字が汚い……」とぽつりとこぼしていたのは記憶に新しいです…。

思ったことを善し悪し関わらずぽろりと行くタイプなのでしょうか。カワイク時期にも、村上ちゃんのワンピースをマタニティ呼ばわりして怒られたりしていた話をしていました。24歳のバースデーファンミの時には、姉に「お前は一言多いんだよ!」と怒られるという話も披露していました。

親密度が上がると容赦が更に無くなるのか、滝川さんへの当たりが結構強いのも、時々ハラハラするポイントではあります。トワイライトララバイでも、アキラさんへの当たりがきついというか、雑というか…でもそんなところも可愛いですし、ドキドキします。きっとこれ吊り橋効果ですね。よし、もう一度恋しよう。 

ふわっと移動する

バクステとかで、ふわーっと移動して、ふわーっとカメラにinして、そしてふわーっとoutする所がスゴイ好きです。他の子もそうなのかも知れないですけど。あと、意外と細々動いているところとかも好きです。静かなんですけど、地味に動き回っていて可愛らしい……。 

真面目

真面目二回目。時々ブログやビジボ日記で、真面目に語るところが好きです。布団の話とたばこの話とか、最近の初対面での対応?みたいな話はツボでした。

あと年末に必ずやっている、今年振り返り日記も本当に大好きです。めいっぱい追っかけているせいで、ほとんど自分の振り返り日記代わりになるというか……。寅太は自分の人生を生きた方が良い。

すうねる時の苦しさの記述は、その苦しみの理由もさることながら、その事をきちんと言葉にして、ファンに伝えてくれるという誠意にも涙しました。すうねるを追いかけていた当時の自分の辛さ(先生に師事していた時期で、成長しているけれど、自分自身がどうありたいかがよくわからなくて、乖離状態に陥っていた)や、実際に板の上で苦しむ姿をずっと追いかけて脳に刻み込んでしまっていたのもあって、しばらく胸に刺さっていました。

でもWILLでその頃の事を「過去」の枠組みの中で語っているのを見て、自分もそれを過去にして良いのだと、それを、自分の基盤の中の一つのピースとして落とし込んで、もっと前へ、「現在」と「未来」に進んでいいんだと思えたのでした。 

役者として

役者として、物語を創ることに携わる人として、好きです。

これはこれですごくいろんな要素のある「好き」です。基本的には、真摯に取り組みながらも、それを楽しむことを忘れないところとかが好きです。どんな仕事でも同じだと思うのですが、やっぱり真面目にしっかりと取り組むことは大事で、でも、努力してます!苦しいです!じゃすぐにいっぱいいっぱいになってしまう。その仕事そのものを愛して、状況や困難を楽しんで、自分自身を成長させることを、自然とこなしている所とかが好きです。

楽しいことは楽なことじゃない。苦しいことも辛いことも、どうにもならないこともある。それと向き合って乗り越えたり、上手く避けてみたり、前へと進んでいくことが大事。村井さんを見ていると、そういう風に感じて、自分も前向きになろうと思えます。

精神的向上心の無いものは馬鹿だと、村井さんもこころで言いましたけど、とりあえず村井さんを見て、自分を振り返りただしていくことで、ほんの少しは馬鹿じゃなくなれるんじゃないかなとか思ってます。まあ逆にmri馬鹿になっていますが、それはそれで楽しいから無問題。好きなものがあるって楽しいことです。

 

 

だらだらと書きましたが、結局は9割9分、自分の思い込みと勝手な妄想と自己投影と腐った怨念にまみれた考察、それに基づいて身勝手に向けている好意です。これ以外の村井さん像なんていくらでもあると思います。何が正しいかなんて、もしかすると当人だってわからないかもしれない。

好きに愛そう。