読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来て、見て、書いた。

自ら足を運び目にしたものを書く方向性。

双眼鏡を買ってみた

推しもいないのに、うっかりフランケンシュタインにハマり、名古屋大楽のチケットを買ってしまいました。

座席はA席だけど、どセンター。全体を見るにはちょうど良い場所。でもせっかくの大千秋楽、わざわざ名古屋まで行って見る、いまだ見たことのないかきかず回。ソロの所とか、少しだけでも大きく見たい!!

ということで、良い双眼鏡を買ってみることにしました。

参考にさせていただいたブログはこちら。

ちょうど良いタイミングで、実際に使用されている双眼鏡のレビューも更新され、大変参考になりました。

これまで使っていた双眼鏡は、そんなに高いものではなく、倍率もそこそこという物でした。視野が揺れると酔いやすいのと、舞台全体を見たいタイプだったこともあり「まあ、そんな使わないし、安いので良いか~」と適当に安価な物を買い求め、視野の暗さや酔いやすさに「そんなもんだよねえ」となり、結局使わない…という悪循環を繰り返しておりました。

でも! 今回! ちゃんとこちらのブログで基本を勉強して、自分なりに調べて買ったらね!! 全然違った!! 凄い違った! めちゃ見やすい!! すごーい!!

実視界とか……明るさとか…こんなに大切な数値を今まで一切見ていなかったなんて……となりました。不勉強いくない。

さんざん引っ張った上でご紹介。

今回私が購入したのは以下の物です。

NIKON トラベライトVI 8x25 CF
Nikon 双眼鏡 トラベライトVI 8x25 ポロプリズム式 8倍25口径 T68X25

Nikon 双眼鏡 トラベライトVI 8x25 ポロプリズム式 8倍25口径 T68X25

 

Nikon Sport Optics | 製品紹介 | 双眼鏡・単眼鏡 | コンパクト | トラベライトVI 8x25 CF/10x25 CF/12x25 CF

上のブログの方とほぼ同じスペック。

倍率は8倍。正直、よく通っているクリエだと8倍すらいらないのですが、愛知県立芸術劇場はもとより、帝劇、日生、KAATも行くので、その位に。 

口径は出来るだけ大きめ。この辺りはお金を出せば出すほど良いのが買えるのかな…? ただその分サイズも大きくなるので、25で。

カタログを見ていて特に心を惹かれたのは、非球面レンズ! レンズがフラットなので、レンズの縁側にあるものも歪まず、シャープに見える! らしい! 実はお店屋さんをいくつか回ったものの、一番気になっていたこちらの双眼鏡は置いておらず……でもほかを試しても、心が揺るがなかったので、こちらを通販しました。

あとね、NIKONだったのも地味に大きいです。なんか割と推し氏がNIKONって言ってるのを聞くことが多いので…(カメラを持ってるかどうかは知らない)

で、実機に触れないままゲットしたトラべライト。フランケンシュタインで初出ししようかと思ったのですが、あまりにもアルターボーイズに行きたくなり、発作的に立ち見席でTeam GOLDを観劇、その際にテストしてみました。

正直、新宿FACEはそんなに広くなく、立ち見でも十二分に見えるのですが、せっかく持って来たから…と、ダンスしていなくて、手拍子タイムでもなく、全員が話しているシーンでもない時に使用。

すごかった。

こんな見えるんかい…ってなりました。

大山真志くん演じるマシューが、ばっちり見えました。視野にちょうど全身が収まる感じ。実視野こそやや数値が少なめですが、多分非球面レンズなだけに、映ったもの全部が歪みなく目に飛び込んでくる。照明の当たっていない時も、微妙な影の印象はそのままに、裸眼以上に詳細に見えました。今回はコンタクトを使用していたのですが、アイレリーフが長めなこともあり、まつげがレンズに当たることもなく、ストレスフリーに見られました。ただ私が体温高めな所に、本体が冷え切っていたこともあり、アイレリーフに完全に目周りを押しあててしまうと、途端にレンズが曇り……最終的に、眉骨あたりに付けて見ていました。

本当に、ちょうど全身が収まり、かつアルターボーイズがこめかみに貼っているラメの数も数えられるほど精細だったので、こ、こんな見えるなら〜!ってジワジワ使う頻度が増えて、自分でも面白かったです。

実際に持った感じ。

f:id:torata_nu:20170215221442j:image

f:id:torata_nu:20170215221452j:image

ちなみに私はちょっと手が大きめなので、やや持ち方に余裕がありますが、多分普通の女子だとちょうどいいかやや大きい位かと思います。重さも260g位とそこそこありますが、多少大きくて重い方がしっかり持てるので、手ブレはしづらい……かな?

 

そんな感じで。なかなかいい買い物をすることができたかなあと。元のブログさんにも感謝……。

元のブログさんに、座席位置と価格について(双眼鏡で見ると、一般席もプレミアム席と同等の見えを獲得出来る、的な)があって、すごく面白く読ませていただいたのですが、途中でふと気づいたんですよね。推しが今いるジャンル、一般席すらプレミアム席価格だ。真田でS席(一万超え)なのに3階席が来た衝撃…まあフランケンもA席だけど10000はするし4階席だし……それを考えると、1公演、下手すると半公演分程度の双眼鏡一つで、これだけ見えるようになるのは、かなりお得だなあと。

今後はこれをお供に、RENTやアダムス・ファミリーを戦い抜きたいと思います!