読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来て、見て、書いた。

自ら足を運び目にしたものを書く方向性。

雨降る金曜日

日記

どうにも天候がすぐれない日が続きますね。体調も崩しがちです。

 

映画「真田十勇士」、公開おめでとうございます!

完成披露試写会に参加して、一足お先に見させていただいておりましたが、こうして初日を迎え、全国の皆様方と見られたというのは、また格別な嬉しさです。

もう声を大にして言いたいですね。

うちのーーーー推しが演じたーーーー海野六郎とーーー彼の仲間たちである十勇士や幸村様たちの生き様をーーーどうぞその目で見てくださいーーーー宜しくお願い致します!!!!!

だいたいお近くの映画館でやってますので。ほんと、ぜひ。そのあともし興味があれば、舞台か、初演映像を見ていただきたく。

いやでも、こうして様々な媒体で展開すると、それぞれの魅力も堪能できていいですね。

私は舞台の初演を観ていたので、その状態で映画を見ると、すぐ目の前で大きく映し出されたアクションや、目の芝居にひきこまれました。そして映画を見てから舞台を見ると、真田丸ってこんな形か!ってのが頭に入った状態で見られて、アクションの意味づけが伝わってくるので、また面白い。ちなみに小説は、割と海野の心情が丁寧に書かれていて、それもまた味わい深かったです。

 

嬉しかった話。

インクスタンドに行ってきました - チケットを握りしめて

インクスタンドに行かれた方が、言及してくださっていて、めちゃくちゃ嬉しかったです。へへ…やっぱ文章についてこうサラッと褒めていただけると、うひひ…って顔が崩れちゃいますね。ありがとうございます。他のこととか、性格なんかはもちろん、褒められりゃ嬉しいし、貶されりゃ悲しいんですけど、文章はまた違うのです。

作られていたインクも、とても優しくていい色で…確かに、推しインク(ではなく、まあ他の方のイメージインクであっても)を作るという、誰かを見つめる目を通して、自分自身を見つめ直しているのかもなぁと、しみじみ思いました。

あとポストカードいいな…とも…。ポスクロとかまでする気力はないのですが、ただ、ポストカードを集めるのは興味があります。観劇遠征はしても、観光なんてそうそうしないし、お土産も大概消え物(お菓子も飽きたので、最近は麺類とか調理出来るものを買っていた…)にしてしまうので、ポストカードというのは、場所もとらないし、出すんでなくても、その裏に何か記録してもいいし、とても良いなと思いました。

次の真田遠征では何か買ってみよう…。