読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来て、見て、書いた。

自ら足を運び目にしたものを書く方向性。

さよなら土曜日

日記 感想 舞台 考え事

またも金曜日に日記を書けなかった。

今回は心身の不調などではなく、普通に眠かったので書けなかっただけです。当人は元気です。何故金曜日に書いているのかというと、ビジュアルボーイズのブログが金曜日更新だからですね。でもブログ原稿自体は水曜日締め切りらしいので……まあもういつ書いても良いですね。

 

 

さよならソルシエに行ってきました。

初演は諸事情で行くことが出来なかったので、今回初観劇。

やあ、素晴らしかった…物語はもちろん原作漫画が発売された時に買って読んだので、大好きですし、それを本当に見事に、素晴らしい音楽と光、色でミュージカルとして再構築していて、完全に心を掴まれました。

良知君の心情表現、あと立ち姿が美しくてたまらない!! あと平野氏は…もう……あの…彼にいとけない狂気の天才キャラをされると、好きになるしかないので…可愛すぎました。

テオとフィンの衣装は、原作の色彩ほとんどそのままなんですけど、それが細やかな照明とあの演出、そして黒猫っていうキーワードによって、更に活き活きとした意味が与えられているのがたまらないです。

アフターイベントで、モンマルトルの丘のロングバージョンを、画家組が歌ってくださったんですけど、それも楽しかったなあ。輝馬氏とKimeru様が元気だった。Kimeru様は率先してMCしていたし。輝馬氏はマスクのお客さんをいじったり、筆でお客さんの手のひらに何か描いたりしていた。あと輝馬氏、劇中のテオのポーズを真似して、客席側に背中を向けて紙を両手で左右にバッと投げていたのですが、それを見て、「三匹が斬る!」でタコ(春風亭小朝)とセンゴク役所広司)が、殿様(高橋英樹)がいつもやる、殺陣のラストに懐紙で刀を拭ってバッとその紙を投げる…っていう仕草を、殿様がいないときに「コレやりたかったんだよね!!」って言って二人でやっている回を思い出していました。やりたかったのかな。カッコイイしな。

 

 

「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」の公開稽古がありましたね!!

行けなかったですけどねっ!!!!

検索したり、公式さんのRTを見ては、

「うっ、うぐっ……がわいい…かわいいよぉ……あああサパータイム歌ってる…きみはいい人チャーリーブラウンも……ベートーベンデイ……出し惜しみと言いつつかなりの名曲選集じゃないですか……見たかった…見たかったよぉお……ッ」

って自分の心をえぐっていました。

いやもう、自分でも、長い!うざい!!いい加減にしろ!!!って感じなんですけど…やっぱり見ると胃がねじ切れそうになるんですよね……。好きだし、半年以上楽しみにしてたからこそ…コレ書いててもまたギュゥウンって来てますもん。わかります? 胃の上辺りにブラックホールか何かが出来て、内臓がねじくれて虚空に至るような感じ。自分の中に空いた穴が、体温を全て奪っていって、酷く寒くなるの。背筋が凍えて、指さきの感覚を失う。

それでもやっぱりイベント自体は嬉しいし、それを気に一杯記事がアップされているのは嬉しいので集めるのであった。それが墓穴を掘るのと同じ行為であっても。

 

【動画有り系】

中川晃教らが劇中の楽曲を披露!ミュージカル『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』公開稽古レポート | エンタステージ

【動画2分】中川晃教が名曲「サパータイム」を披露! ミュージカル「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」公開稽古 | エントレ|演劇動画ニュース

「きみはいい人~」中川晃教ら笑顔で楽曲披露!村井良大「普通って難しい」 - ステージナタリー

ミュージカル『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』公開稽古 田野優香(AKB48) 村井良太 古田一紀 中川晃教 - YouTube

ミュージカル『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』公開稽古 囲み取材 村井良太 田野優香(AKB48) 古田一紀 中川晃教 - YouTube

田野優花 「今までで一番の誕生日」|日テレNEWS24

 

【記事・写真】

AKB田野優花がダンスリーダー!みんな教わった - AKB48 : 日刊スポーツ

AKB48・田野優花、20歳の誕生日を村井良大ら共演者に祝われ「今までで一番の誕生日」と感激

村井良大、中川晃教らが躍動 ミュージカル『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』公開稽古 - 2017年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド

スフィアの高垣彩陽 ルーシーを熱演、幅広い声色 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

AKB48・田野優花、舞台共演者に20歳バースデー祝われ「今までで一番の誕生日」 : スポーツ報知

田野優花、ハタチ誕生日に共演者からサプライズ 中川晃教の生歌に感涙「宝物です!」 | ORICON NEWS

『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』稽古場レポート~オープニングナンバー編~ - げきぴあ

 

あぁあ可愛い…ひどい……大変かわいい…村井さんのお声の響きがまた格別になっていて…アッキーさんは大変生き生きとしていて…古田くんも田野ちゃんも可愛いし、あやひー姉様はかっこいいし…たまらない…。

見たかったなぁ、なんで行けなかったんだろうなぁという気持ちは、まだお腹の中で黒く腐ってるんですけど。ホントなんで自分でもこんなにクサクサして腐ってるのかわかんないんですけど!でもどうしても引きずってしまっていて。れんともさぁ…どうせ制作発表するでしょ…レインボープライドは、村井さんはチャーリーツアー時期だからアレにしても…それにまた落選したら、またここまで荒れるのかな…他人事ならぬ当人事(?)ながら死ぬほどめんどくさいぞ…とも思ってます。

ただ今回は、時期的なものに加えて、推し日照りが長いのが…一番大きかったかなと…。こういう流れの○○日照りって、基本エロい意味なんでアレなんですけど(女日照りとか…)、感覚的には一応近いのでわざと使ってます。エロというより、単純に渇望という意味で。

村井さんに会いたい。

なんかもう、結局それに尽きるんですよね…。

会う、と言うとまた語弊があるんですけど。対話とかは別に発生しなくても良くて、単にこの目でお姿を見たいし、この耳でお声を聞きたい。映像や写真では編集されて切り落とされてしまう、ちょっとした仕草を拾い上げて、記憶の奥の宝箱にしまって、時々引っ張り出して眺めたい。

うっ。抽選落ちたの本当無理…。時代遡行軍を呼んで…落選阻止隊を組織しなきゃ…。

まあそんな冗談はともかく。

とりあえず公開稽古当日は乗り越えられましたし、動画や記事をたくさん見てたら、作品そのものの深さと温かみを感じられるようになってきたし、これからは本公演という最高にハピネスな日が目の前に見えているので、元気に仕事しつつ初日を待ちたいと思います!!

楽しみっ、です!

広告を非表示にする