来て、見て、書いた。

自ら足を運び目にしたものを書く方向性。

チャリブラの宣伝戦略が嬉しいなーって話

『きみはいい人、チャーリー・ブラウン

シアタークリエ『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』

本日2種類の宣伝展開が告知されました。

 

 

本当に広告が出てる!!

f:id:torata_nu:20170309224622j:image

 

めっっちゃ、テンション上がりました。

 

 

2次ヲタが2.5次元ミュを介して3次元にハマるには - 来て、見て、書いた。

昨年書いていたコレとか、あと真田十勇士の展開とかへの反応から分かるように、こういう宣伝戦略が妙に好きで、新しいな、面白いな?!って言うのを見かけると、すごいテンションが上がります。なんで上がるのかはわからない。*1

村井さんは割とそういうのと関わることが多いので、そういう点でも嬉しいです!!!

 

2.5次元の強みの1つに、入口が劇場以外にもあるってことがあると思っています。

高い金払って何やるかもわからないものを見る……その前に、とりあえずのあらすじを、だいたいどこにでもある書店で、安価で、一定の質は保たれた作品を買って、知ることが出来る。あと純粋に、劇場にあるだけよりも、目に入る回数が増える。書店のポップとかでも、劇場にかけてあるポスターや、劇場で配られるチラシよりは、たくさんの、しかも普段舞台は見にこない人が見る。無料〜千円未満しか払わない人が劇場に来るわけない、興味も持ってないんだし、ってのはあるけど、それで切り捨てるよりは、純粋に周知度を上げて、見たいと思う可能性のある人に、いつかは必ず届く状態を作った方が、潜在顧客の掘り起こしにも繋がると思う。

 

2.5次元の強みとか、作品の特性とか、まあ他にも色々ありますな。キャラクターが、個性を視覚化するっていう点からデザインされてる場合が多い、とか。*2メインターゲットである若年層が、共感ないし理解出来るようにキャラが読者の同年齢付近に偏ってる、とか。*3 その流れで若向けだからって侮られて、なんかに乗じて作って売ってサヨナラってのもなくもなくないけど。

 

それはともかく。

いいものを創ります。は、当然で。

それをどう届けるか。を、工夫してるのを見ると、すごいテンションが上がるんです。

今回は書店にブックマーカー設置とゲーム内広告。

これまであんまり見なかった形での露出。*4

ゆーても都内だけじゃん、とか、パズルのアクティブユーザー数どのくらいなんだ…?!とか、ツッコミ入れればいくらでも、って感じではありますが。

スヌーピーという、既に世界的に認知されてるキャラクターの上にあぐらをかかず、彼に触れる人はどこにいるか?を考え、それと絡めて宣伝を展開してくださってるのは、本当に嬉しいなぁと思いました。

 

 

余談。

追加イベント(キャストトークとか)とかで、オタクを集めるんじゃなくて、新しいお客さんを獲得しようとしてくださってるのも嬉しい……いや、やってくださる分には嬉しいし、全然いくらでも行くのですけれど!

そういう追加イベントとかって、オタクの財布から出てく分が増えるだけなんで、なんかこう、私が死んだらこのお金をこれに払ってくれる人いないんだろうな…っていうどん詰まり感が薄暗いので…。新しい人が入ってくれた方がいい。

 

あとチャリブラ公開稽古申し込み中で、当たりますように…当たりますように……ってブツブツ言い過ぎてるせいで、これを書いてる間も、私はおべっかを使ってるのでは……それで当てて貰おうという小狡い考えがあるのでは…という後ろ暗い感情が胸の中で渦巻いてますが、

当ててほしーのも!

宣伝がうれしーのも!!

全部ほんと!!!!!!!!!

 

ちなみに。公式さんとかが使ってるスタンプ。

f:id:torata_nu:20170309224717p:image

LINE cameraのスヌーピー Happy Dance。チャーリーもいっぱいいるし、チャリブラ内の大ナンバーであるSupperTimeをとても彷彿とさせて可愛いので、お気に入りです。

*1:創っても売れないとか、そもそも売ってもらえないってことにトラウマがあるからかもしれない。創りたいものを創る為に売れたいけど、創りたいものも理解してもらえず、それを売る方策も模索してもらえないと、ああ、もう、売る物を創るの、辛いなぁ。ってなってしまう。

*2:キャラクターとは記号論である的な。大塚英志先生の著作にそんな話がある。あとマギの大高先生が、初期はコスプレしやすいデザインを!と言われたらしい話も好き。

*3:ただし、オタク傾向のある女性向け、でもBLじゃないよ!枠とかは割とキャラ年齢がバラける。執事とか

*4:紳士がネット広告出してたかなぁ。どこかで見かけてビックリしたんだけど。