来て、見て、書いた。

自ら足を運び目にしたものを書く方向性。

まったり日常金曜日

特にこれといって書くもののない程度には、穏やかに楽しく満ちた金曜日でありました。

 

まあ、すでに村井さん欠乏症になっていて、このままチャーリー・ブラウンの公演まで持つのだろうかとドキドキしています。何かの撮影があったとのことなので、映画とかやたらでかい作品でなければチャリブラの前に…見られる…のかなぁ。どうだろう。見たいなぁ。

昨年末が楽しすぎたので、寂しさも膨らみすぎています。早く現場に行きたーい(妖怪人間ベムみたいに)

 

最近ちょこちょこと着物を始めてみました。

着付けも習いつつ…お店や着付けを教えてくださる方と話してたら、どの方も28歳で着物をきはじめたとのことで…なんかそういう分岐が発生しやすい年齢なんですかね。男の蕎麦打ちみたいに。もっと早めに着てる方も全然いますけど。なんとなーく、そういうルート同士で引きあったのかもしれない。

おばあちゃんの形見の着物やら三味線やらが、それぞれいくらかあるので、それらを無駄にしない程度には、少しずつ嗜んでいきたいところ。

三味線は昔にやっていて、弾くのは今でも衰えた腕なりに好きなのですが、人前で弾くのと(おさらい会で大失敗した)、歳上の方に絡まれる(歳上からのセクハラ/パワハラで一度辞めた)のがトラウマで、手に取るとじんわり気持ちが沈みます。前者はともかく後者が割と根深くて…自分で話すのはいいんですけど、人(特に歳上)に三味線の話を振られるとそれだけでしんどくなる。この人も前の人みたいに怖いことすんのかな、嫌なこと言うのかなーっていう学習がされてしまっている。しないよ!とか言われても、嘘だっていくらでもつけるし、と思う。だから多分習いにはしばらく行けないんじゃないかなぁ…お師匠さんは目上だしな…。

弾いてればきっと楽しくなるし、そうすればその嫌な学習も塗り替えられる気がするので、気長に、無理せず、練習しようと思います。とりあえず糸は新しくしました。

 

今年叶えたい30(略)に、1日1000文字書くっていうのを入れたのですが、割と守れてません。仕事を入れれば一応守ってますが。もうちょっとコンスタントに書きたいなぁ。このブログがやや無駄に長いのも、その1000文字くらいは超えようかしらんと思ってやってるのですが、単にオチもなくダラダラと書いてるだけにしか見えませんな。はっは。

 

ガチ恋は病か。そもそも恋が病めいている。結末がわかってするわけではないしな。それでも多分、その先は崖だって知って(言われていて)、なおもアクセルを踏むから、ガチ恋は病なんだろう。というか、病と「言われる」んだろうな。いやはや。

人のブログとかを見て、ガチ恋である自分に思うところもあったりするけど、やっぱり村井さんのこと大好きだなーって思います。

風景の写真ホントいいなー。一枚好き過ぎて、ずっとiPhoneの待受にしてます。びじぼ日記も最近なんかパパ的ハンサム度が増していて…甥姪ちゃんにしっかり対応するのも、果物の皮むきが得意なのもキュンとくる。そういう日常的な良さもホントいいけど、今日の撮影に臨むブログもね、滅茶苦茶かっこよくて、わー何度惚れればいいのかな??ってなる。基本的に可愛い!って言葉で済ませてしまっていて心苦しい。キュートというよりは、わーん好き!大好き!!きゅんとする!!ってニュアンスで…脳から直に出るとカワイイになってしまう。

うーん。大好きだなぁ。早く舞台行きたい…とりあえず今は自分のことがんばろ。