読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来て、見て、書いた。

自ら足を運び目にしたものを書く方向性。

過日を想う金曜日

f:id:torata_nu:20160930224747j:image

中野坂上の駅から徒歩数分のところにあるビル。まあ全く普通のビルです。でも以前ここに、村井さんが立った劇場がありました。

村井さんがよく口にする、お客さんが15人くらいしか入らない上に、その距離も近くて怖かったという作品「LOVE ME DOLL」 それが公演されたエル・スタッフ スタジオは、このビルの3階にありました。今は多分もうないようです。地下の寿司屋と地上の美容室は元気に開店していましたが、上の方は妙に人気がなく、薄暗い感じがしました。夕方近くなれば、また塾に人が集まって、違うのかもしれません。10年という月日は、様々なものを変えてしまうのだなと、強く感じました。

とまあ感傷的に書いてはみましたが、実はこのビルかどうか確証は持てずにいます。それというのも、私自身はこの作品を見てはいず、また情報もきちんと残されてはいずという状態で…。ていうか他の作品の情報として、公式サイトに載ってる同スタジオの住所が、同名会社の事務所のあった住所と1文字違っている上に存在しない番地になっているという、つまり、なんだそれ状態であったりします。チラシもそうなっていますが、観客さんは無事に劇場に行き着けたのでしょうか…。どうでもいいですがこの並びに日本犬云々という看板を出しているお店があって、そこにいつか行きたいと思っています。あと10年本の記事内だと、中野坂上セントラルビルっぽい(駅の上、という表現になってるので)感じもしたり。

そんなわけで。
[TwiPla] 村井良大さん10周年お祝いメッセージ企画 https://t.co/FMWm9glrba

村井さんデビュー10周年記念イベントに向けて、こんな企画を立ててみました。せっかくなので、一個人が出来る程度の簡易さと自由さを駆使した、資料性の高いものにしたいと思い、古いデータを整理して年表にしたり、メッセージカードのおもて面にする為の写真を探したり、近場であれば自分で撮りに行ったりしています。上記の写真も、これ用に、この間撮ってきました。

私は4年前、弱虫ペダル初演からの新参者で、知らないこともとても多く…それだけに、今回発売された10周年本を読み、自分でその足跡を辿るのは、村井さん自身について、翻ってはそれを好いている自分について向き合うきっかけとなっています。

無理のない程度に、しっかり最後まで完走出来るよう、頑張りたいと思います。

あと布も染めたい。