読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来て、見て、書いた。

自ら足を運び目にしたものを書く方向性。

舞台俳優応援スタンス(寅太篇)

考え事 村井良大

何か流行ってる?てた?みたいなのと、面白そうなのとで、やってみました。色々と参考にさせていただきました。

関西民学生の若手俳優応援スタンス - 君ありて幸福

舞台俳優応援スタンスを見て私もやりたくなった - 夢を見させてくれ

舞台俳優応援スタンス〜地方在住20代社会人の場合〜 - 妄想8割

舞台俳優応援スタンス - 日々是好日

舞台俳優応援スタンス/愛とはつまりお金です - ポンコツ女の大行進

まあ金曜日日記やTwitterでも、自分のスタンスとか書いてるから今更感はありますが…今一度自分を見つめ直す機会と言っておきます。

 

▼まずは基本情報

・アラサー
・都内実家住まい
フリーライター、略してフリーター

並べると地雷臭しかしない。貯金は一応ある。

体質的に(別にトラウマがあるとか、生育環境が悪かったわけでなく)感情の起伏が激しい。躁鬱というよりは、感情とその表現がはっきりしてる感じ。低気圧は苦手、気候による心身の不調が結構出る。

 

▼推しについて

村井良大さん。

(他の方のエントリーを読むと、名前は言わない!っていうタイプが多くて、少しビックリした。そうだなー、確かに、エゴサされた時にひっかかるかもとか思うと、恥ずかしいかもしれない。でもここまでファンブログやってると、最早名前を伏せる意味がない…な……)
元々弱虫ペダルファンで、小野田坂道偏愛の2次元オタク。舞台「弱虫ペダル」でその役を演じた村井さんに出会い、そのまま3次元オタクに転向しました。

一推しというよりは、神。唯一神
他のかわいこちゃん達は天使です。

村井さんと出会って、舞台という表現の面白さを知り、いろんなことを学んできました。作品を作ることの大変さや面白さを、改めて知ることが出来ました。そこから結構、自分自身頑張って。文筆業としてデビューした時も、おめでとうと言っていただけて(※イベントで、自分で催促した)。旧友との友情を、舞台とかを通じて深めたりもして。
そういった、自分の人生におけるライフイベントに大きく関わっている存在なので、他の方とは完全に別枠なのです。

当人の人生の物語も本当にすばらしくて……艱難辛苦を乗り越えて、上へ上へと伸びていく姿に見ほれます。こんなに綺麗に構成されつつも、決してご都合主義的ではなく、主人公が努力しているのが感じられ、感情移入できる物語はそうそうない。毎年どころか、毎日毎時間毎分毎秒、成長されているのが感じられる。毎回、課題を意識して、きちんと乗り越えているのかな。真摯で真面目。まっすぐな眼差し。どれも素敵です。

閑話。
かといって、昨今の、舞台上だけでなく、そこから降りた時、普段の人生まで、役者に切り売りさせるようなのは、実はあまりよろしいとは思えないです。だって、役者さんじゃん。役の時だけ、頑張ってればいいよ。それ以外は自由にしてて欲しい。会社員だって、日常生活は自由だ。でも知れるなら知りたいし、知ったならそこも全力で愛したい、でもカノバレ・結婚報告はしんどい、そんな複雑な乙女オタク心。でも去年出たスタイルブックも本当に良かったんだよなあ……。

他の方のファンの子に「村井さんはステップアップがはっきりしてていいよね」と言われたりします。正直それ、わかる。シアタークリエでの、名前ありの端役→新作ダブル主演→BW作品主演と毎年立場があがっていくのにはどきどきしました。
もちろん、村井さん個人の力量が伸びている、ってことがあってこそなんですが、それをしっかりと見て、明確に評価してくださる方達にも恵まれているのが、本当にありがたい。東宝さん愛してる*1。その他制作さん、スタッフさん、キャストさんにも心から感謝いたします。

ファンに対する、いわゆるファンサービスは苦手?……というか、とにかく相手の話をまじめに受け取り、まじめに返してくる印象。テンション高い子(若い人とか)に対しては、割とテンション合わせて返している気がする。私はテンションが低いのでそうならない…。
未だに、ぼくとしょ2東京楽?で、キャストさんが劇場の通路に降りた時、皆↑みたいに手を下げて、観客とハイタッチしていく中、一人だけYで駆け抜けた姿を思い出す。
その前にも、「自分のファンかどうか分からないから、手を振ったり出来ない。違ったらどうしようと思う」みたいなことを話されていましたが、最近は振ってくださるようになった。真田大楽の時とか八犬伝あたりも可愛かったなぁ…福岡での単独イベの時に「好いとーよ♪」って言ってはけていったの最高に最高でした。
そうそう、大丈夫だよ、ファン!いるから!!いえす!あいあむ!!!!

脚本の読み込みがしっかりしていて、キャラや作品を丁寧創っていることや、おとなしい時の横顔の、知的な綺麗さのせいか、割と頭いいキャラ扱いされている印象。実際とても頭が良くて、反応もしっかりしているし、言葉も丁寧に選ばれていて、すごいなぁといつも尊敬しています。ただ1~2イベにつき1回は、質問とかの大意を読み損ねているので、時々はらはらします。

中身自体は、割と普通の青年だなーと。いろんな人の手で大切に育てられた感じ。芸能界にはいるけれど、普通の物を普通に受け入れて楽しむ、一般的なバランスがしっかりある。たまに漫画の趣味がグロというか暴力っぽいのは何なんだろう。普通の男の子っぽいと言えばそうですが。アクメツは元々好きだったので、読んでいるのを知って嬉しくなりました。そういえば、ウナギ鬼の二巻以降は、店にもレンタルにもなくて読めていない…。そ、それが好きなのか…(私とは趣味あわないな…)ってのはたまにあるのですが、それがまた等身大っぽくていいなとも思う。
金銭感覚もなんか割と普通っぽい…? けど、自分が好きな物にはしっかりお金をかける印象。
こういう職業に就いてなかったら、すごい真面目にコツコツと技術職を極めていそう。手先が器用かどうかは知らないけど、この集中力があれば(あと興味がもてれば)なんでもいけそう。謹厳実直。

そんなイメージの人(長い)。全体ひっくるめて大好きです。

 

▼好きになる基準

顔、歌、ダンス、芝居、脚本解釈、など。舞台上に立つ為に必要なものがあるかどうか。

村井さん以外への執着が薄いので、基本的な生活態度や性格の善し悪しは、加点にしかならないです。悪くても点数減らない。彼女いても別にいい。さすがに犯罪行為は許容できませんが、そうそうないし。
その流れだと、大山真志君(主に顔、体格、歌、ダンスが好き。ファンやスタッフさんへの気遣いなど、性格での加点がものすごい)、松下優也君(主に顔、歌、ダンスが好き。美人なのに、コミカルな芝居も体当たりでやってくれるところも)とかが好き。真央くんのダンス、村田さんと郷本さんの芝居、間宮君の顔とかも。

 

▼舞台を観に行く基準

村井さんの作品は、初日と楽日とあと真ん中当たりに数回行きます。最近ちょっとルーチン気味(入んなきゃ~っていう強迫観念もある)なので、もう少し考えて、しっかり観ないとなあと思ってます。とりあえず真田が終わったら、ある程度ゆっくり観るようにしたい…。チャーリーも大切に観たいなぁ。

元々2次元のオタクなので、好きな原作の2.5次元は割と行ってるかな。最近は青エク行きました。あと好きな俳優さんとかがでていれば、1回は行きます。今年は、去年よりも減らし気味。

 

▼舞台以外のイベント等に行く基準

村井さん系のイベントは、全部行きたい派。単独、DVD、映画舞台挨拶等々。まあ行けない時もあるので、それはそれ。この間の日テレタワーでの真田十勇士特別イベントは、うまいこと仕事が終わって行けてよかった……。

大山君のBDイベントは、3年間全部行ってます。なんか楽しくて。
他の人のイベントは、去年村田さんのBDと、だいぶ前に鈴木拡樹君のBDに行ったくらいかな…あと間宮君の写真集イベ。くしゃみ可愛かった。
上映会系は、興味があれば行きます。

 

▼グッズを買う基準

パンフレットは出来れば欲しい。結構、人の名前とか忘れちゃうので……あと顔と名前があまり一致しないので…。ただ最近は部屋に収納しきれなくなりつつあるので、本当に欲しい場合のみ買ってます。

ブロマイドは、村井さんのだったらとりあえず全部買う。買って、見て、これは持ち歩きたいなーとか、額に入れて飾ろうかなーというのがあれば、もう一揃い買います。
ガチャガチャとかランダム系は、これだ!という物がなくても、一回は引きたくなります。射幸心を煽られたい。
その他は……興味があれば。好きな作品の戯曲は、出して貰えるとテンション滅茶苦茶上がる。基本的に読み物が好きです。
あっ、帝国劇場で、1789と王家の時に出してた衣装デザインチャームが可愛すぎる!欲しくなる! 1789はオランプちゃんが出ました。王家は買えるかなあ。

 

▼雑誌を買う基準

村井さんが出てれば大体は。1ページしか出ていない場合は、スタイリングとか当人の作画が良ければ買うけど、そうでもない場合は買わないです。でも、ステージナビはカトリーヌあやこさんのイラストが可愛くて買いました! ああいう、別の表現(絵とか、キャラクターイメージのある写真とか)が絡む記事とかは、何か好きです。

他の人のために雑誌を買うことはないなあ……。

 

▼映像を買う基準

はまって以降は、村井さんが出てればほぼ買ってます。買ってないのは、猫と裁判くらいかなぁ。諸々が無理すぎて…舞台も一度しか見れなかったので……。

アイワズはとりあえずルッキュチケットを買って待機中。
他は、これは絶対見るなーって思った、るフェアとバルトる位かな。

 

▼プレゼント/手紙について

手紙についてはこっちにまとめてあります。

ファンレターの書き方(寅太篇) - 来て、見て、書いた。


とりあえず、行くときは毎回書いてます。便せんは同じシリーズで固定、書き出しも固定。認知はどうだか知らないけど(するの、私じゃないし)、書き始める前に悩みたくないので。
プレゼントはきりのいい日に、ちょうど良さそうな物を。時々思いつきで。ただセンスがあまりないので…うん……。

 

▼普段の行動

公式LINEアカウントは友達登録していて、ブログの更新があればコメントを残します。コメントし始めたのは去年くらいかなあ。

他は、まあ、大体Twitterとこのブログでだらだらしてる。当人のアカウントが出来ても、多分リプライはしない…かな……。

 

▼同担について

仲のいい人はそこそこいる。

よくつるんでる友達もいるし、現場で顔を合わせれば挨拶するっていう程度の人もいる。ただそんなべったりではない。予定は合わせない。偶然合ったら、会う。それだけ。
実のところ、誰がどんなファンでもなんでもいい。全通してようが厨プレしてようがどうでもいい。興味がない。他人の趣味とか有り様なんて、強制したり矯正したりする意味って、ないし。性が合わない人は、はなから視界に入れない。

推し好きアピールが凄いとか、古参とか、知らない画像を持ってるとか、どこかで自分よりも秀でた(というのも変だけど)人を見かけると、どうしても悔しくなる時はある。けれど、知らないこととかは調べたり、新しい舞台やイベントの記録をしっかり書くことで、気持ちを昇華しています。

知り合いであっても、お互いに尊重できない感じの時(相手がこちらを尊重しないっていうだけでなく、私自身が相手を無理だと思った時)は、さっさと距離を置きます。
超絶マウンティングしてくるな~とか、推し移動前の砂かけ始めたな~とか、何で対象のこと一回disんないと喋れないんだろ~とか、主語がないから常にTLを不穏にしていく…とか、そういうの思っちゃったら、趣味の世界での知り合いとしてはもう無理なので。

そして無理と思ったときには、大体相手の方も、こいつうぜぇって思ってるんだろうな。どちらともなく疎遠にしたり、シレッとブロックしたりします。

 

▼今どのくらい推しの事好き?

追加されている方を見かけて、あっ、可愛いな~(?)と思ったので答えてみる。

でもいざ書こうとすると難しいな…。大好きとか、愛してるとか、人生の中でこういう部分でこんな風に関わってるから、これだけの存在の重みがあるとか、しょっちゅう書いているし、書きすぎて、まとめ辛い部分もある。

アイワズライトは、小説を書く子達(真白、灰葉、マシロ、ハイバ、ワスレナ)が多くて。その中でも、マシロであり灰葉である村井さんは、物語を自由に描くことや、それを出来ることへの嫉妬、あるいは物語ですら不自由であることを、全身と心で描いて下さっていて。書き物を生業としてる自分としては、色々な意味でズガンと来ました。

なんだろうなあ。RENTのマークの時もそうだったし、他の子達もそうだけど、村井さんが演じることで、客観的かつ共感的に、自分自身を見つめ直すきっかけが得られるんですよ。大体の芸術作品は、そういう機能を持ち合わせてはいるんですが、好きだからこそ、余計に心にしみる。

村井さんは、私にとってまさしく光です。綺麗なものや、新しいものを照らし出して、私の目に存在を知らせてくれる。と同時に、自分自身が怖がっているものや、醜い欲も暴き出す。

ただ神聖化して崇めているかというと、そうでもないんだなあ。普通の人だなーって思ってるし。なんだろうね。とりあえず大好き。

 

▼総合的な応援スタンス

村井さん偏愛。これからも、追っかけます。

舞台芸術も大切に見ていきたいな。

何より、自分で足を運んで、見たもの、感じたものを、きちんと書き記して残したい。

*1:チャーリー・ブラウンの制作発表楽しみにしています