読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来て、見て、書いた。

自ら足を運び目にしたものを書く方向性。

ホテル関西に泊まった話

日記 メモ

ホテル関西。何かと怖い話があるホテルさん。ネットでも有名なようです。

ホテル関西に泊まる予定なんですが幽霊はでるんでしょうか?建て替えたとかいて... - Yahoo!知恵袋

私が初めてそこの話を聞いたのは、某さと兄から。イベントの時に、このホテルはヤバかった! ラップ音もしたし、ペットボトルもいきなりグシャッて潰れた!という話を聞きました。

ただまあ、自分には関係ないだろうと、名前だけぼんやり覚えている程度で、後はほとんど忘れていたのですが…先日、うっかりこちらに宿泊してきました。結構ギリギリになってから、航空券とセットのものをとったので、選択肢があまりなく…一応梅田近辺で数カ所候補に上がっていたのですが、逆に「何か聞いたことがある名前だから」、ついこちらを選んでしまいました。

まあ結果として、別に何も起こらなかったんですが。

一応、記録として書き残しておこうかなと思います。

ホテルに着いたのは、周りの歓楽街に、これから出勤するのかな?という感じの、高いヒールの綺麗なお姉さんがうろつきだした頃でした。まあまだ暗くはなく、男性客もいない頃です。

入り口やロビーは普通に綺麗でした。チェックインも簡単に済み、いざ部屋へ。歯ブラシと浴衣*1とカミソリ*2はロビー前から持って行くのですが、この時点では忘れていました。

私の部屋は、ロビーから一度入り口側に戻り、右に曲がった先にある新館。3で始まる四桁の部屋番号の、女性専用フロアです。噂を色々と聞いていたので、結構この時点でビビっていましたが…エレベーターの、向かって左側の扉が歪んでいるらしく、開く度にゴゴン!!と音が鳴るのには、飛び上がりました。各階にある外扉でなく、エレベーター本体についている内扉が歪んでいるのか、どの階で扉が開いても音が鳴るので、正直怖かったです。エレベーター本体も若干疲労があるのか、上下にわずかに揺れながら昇降するので、油断すると酔いそうでした。

自分の泊まる階に到着。エレベーターの扉の、ゴゴン!!という音で送り出されます。天井は低め、廊下も細く、閉塞感があります。部屋番号や喫煙禁止*3のプレートが、若干曲がった状態で、扉に貼られています。掃除は行き届いているし、決して汚いというわけではなく、電灯も付いているのに、何となく感じる薄暗さ。

部屋は鍵で開けるタイプ。オートロックが付いており、閉めるとそのまま鍵もかかります。全体的に扉も壁も薄いので、廊下の足音や声は聞こえます。

禁煙のシングルタイプで、公式サイトによると広さ9㎡。ただそれに、トイレ+ユニットバス、ベッド、細い机、小型冷蔵庫がみっちみちに入っているので、広くはないです。ただ一泊二泊程度なら、荷物を全部広げたり、傘を干しても余裕がありますし、悪くはなかったです。床の絨毯には2センチ程度の丸い黒のシミあり。別に気にしなければ目にも入らない程度です。机に置ききれなかった荷物を、冷蔵庫の上に乗せておくと、1時間に数度冷蔵庫がうなりを上げるのに合わせて、荷物もがさごそ言うので、怖いです。椅子とかに置いておいた方が良いです。

トイレは、最近逆に珍しい、水で押し流すタイプ。最近だと、吸い込みつつ流すタイプが主流な気がするので、水の出にビックリします*4。トイレの後ろに設置された水タンクは、普通に小机代わりに使われていて、その上にコップ(紙コップ、連泊したら増えた)などが置かれていました。シャンプー/コンディショナー/ボディーソープは備え付け。そこまで悪くないのが置かれています。シャンプー類はもしかすると女性フロアだけかも? お風呂はまあ普通…普通に小さいけど、ちょっと足を上げれば、肩までつかれました。

天井は吹きつけのムラ加工がされたベージュに近い白の塗装。スプリンクラーと、その配管がむき出しです。電灯も…裸電球って訳ではないんですけど、そういう系統の形なので、何となく目を合わせると、古びた学校とかを想起してしまい、怖いです。

窓は板戸で閉ざされています。正直、閉めてると、かなり圧迫感があります。ただ開けてしまうと、外の喧噪が完全に聞こえるし、ネオンもめっちゃ見えます。私は完全に暗い+静かなところがダメなので、ずっと開けていました。朝になって、近くの駐車場辺りから、子猫の鳴き声が聞こえてきて、幸せな気持ちになりました。

朝食ビュッフェは、850円かフロントでもらう朝食券で。6時半開始ですが、40分頃に着いたら、サラリーマンや韓国・中国の家族連れが沢山居て、7時になると第一弾分の食料は捌けていました。パンとか野菜とかは普通に美味しいです。ロビーもですが、割と外国人さんが多く、行き交う会話が国際的でした。

まあそんな……安くて、劇場や駅に近く、とりあえず眠れる場所としては、十分なところでした。

本気で怖いのが嫌いなので、迷走したあげくに弱虫ペダルのタオルとか置いていましたが、とりあえずは何も起こりませんでした。

ただ一点、何故か夜の間、部屋にいる時だけ、iPhone指紋認証が一切効かず…毎回パスコードを入力していたのは、面倒でした。そんなこと一度もなかったので、ちょっとビビリはしたのですが…あまりにも地味すぎて…怖いという感想にはならなかったです。

*1:帯はタオルと共にベッドの上に置いてある。何でだろう

*2:私は別に使わないけど

*3:あるいは禁煙室とか

*4:さすがに自宅とか会社は流すタイプなので、それはそれで普通ではあるんですが