読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来て、見て、書いた。

自ら足を運び目にしたものを書く方向性。

日に焼けた金曜日日記

日記
昨日、油断してフラフラ歩いていたら、見事に日に焼けました。顔が赤い赤い。手遅れかもしれませんが、一応パック。
f:id:torata_nu:20160506223738j:image
割とSKIN FOOD信者です。

2次ヲタが2.5次元ミュを介して3次元にハマるには - 来て、見て、書いた。
なんだろうこれ…。なんとなく、2次オタが3次元にハマるための要素や、ハマりやすくするためになにをすべきか、何ができるかみたいな話です。ちまちまと書いていたのですが、なんだか果てがなくなってきたので、もうここでまとめて公開。
本当は、2次オタ自体も総数が少なく、書店とかも各店舗ごとの購入特典とかを付けて複数買い&自店舗買いを推進してるんだよーとか、アニメ産業もなーとか、そういう話をしつつ、途中に書いた映像化と周知度の話を絡めて、子供から大人まで長くじっくりと楽しめる二次元作品の創造(少年向け週刊誌でも、名作劇場路線でも、ボカロでも)と、それの2.5次元化(若手俳優によるのもいいけど、低年齢層向けの劇団飛行船さん系の巡業と名作劇場路線の放映を絡めるとかでも面白いんじゃ)から、演劇・ライブエンタテイメントの一般化への道筋を、総括的に考えられないかなーという話も書きたかった。これはこれでまだまだ考えていることに枝葉が多くて…きちんとまとめたいし、どうせなら自分自身、どこかで動きたい。まだ先の話になるけど。
舞台が好きだから、もう少しどこか身近に楽しめるようになって欲しい。
今日の村井さんのびじぼ日記を読んでて思ったのは、それこそRENTの舞台版か、あるいはピューロランドのシアター公演みたいに、客入れずにしっかりと、構図も考えて撮った舞台映像をもっと作れたらいいのになーってこと。アフレコも編集もちゃんとして、映像として…映画として楽しめる作品っていうアプローチも面白いかもしれない。JCSのアリーナツアーは舞台中央サイドに生バンドがいて、多分そのあたりにもカメラを設置していたから、舞台の中の画もあって好きだったし、そういうのでもいいけど、美術と客に左右され過ぎるかな。
だんだん何を考えてたんだかわかんなくなってきた。もう少し仕事を進めて、寝ます。またたくさん作品作りたいな。