読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来て、見て、書いた。

自ら足を運び目にしたものを書く方向性。

RENT制作発表

イベント 感想 村井良大

6/8 都内某所にて、RENTの制作発表会が行なわれました。

東宝さんにてオーディエンス募集をされていたので応募。運良く当選することが出来ました。東宝さんにて行なわれる、村井さん関係のイベントはこれで3回目。その3回全てに参加させていただけている状態に、感謝しかありません。ありがとう、東宝さん。これからも沢山見に行きます。

ちなみに、村井さん関係1回目は舞台「私のダーリン」のイベント「アナタのダーリン」

村井さん関係2回目は、舞台「マホロバ」制作発表

こうやって見ていくと、シアタークリエという素晴らしい劇場で、名前有りの役として出演された後、W主演の片方として出演され、今はブロードウェイミュージカルの日本版の主演として立っているというのは、本当に素晴らしい事だなと実感します。ほぼ一年ずつのステップアップ。眩くて、つい目を細めてしまいます。

 

会場に入って、指示された席に移動。ハガキの整理番号が一桁だったので、もしや…と思っていたら、その想像通り、最前列でした。フラットなフロアに席を並べ、センターブロックは全てプレス、左右のサイドのみオーディエンスという状況で、そこをいただけたのは、本当に幸運でした。ある意味エンジェルシート!*1 かぶりつきで見させていただきました。

f:id:torata_nu:20150608232210j:plain

その席からの眺め*2。近い。たまらない。

譜面台が置いてある辺りに、司会の方が立ち、諸注意を述べます。また、オーディエンスについても触れて、3200人の中から選ばれた100人である事、RENT応援隊と見込んで、様々なSNS等で感想を拡散して欲しいことを言っていました。マホロバの時は、ほとんど東宝さんのサイトでのみオーディエンスを募集していましたが、今回は様々な情報媒体(Out in japanさん等)で募集をしていたので、それぞれの確率を考えると、恐ろしい物があります。

司会さんの話が終わり、バンドメンバー紹介。その後、キャストさんが呼び込まれ、歌唱披露に突入しました。

歌唱披露

披露曲は2曲。オールキャスト18名によるSeasons Of Loveと、マーク役村井さんと、Wロジャーである堂珍さんとユナクさんによるWhat You Ownでした。

Seasons Of Love

RENTのメジャーナンバーで、スティービーワンダーもカバーした一曲。劇中では2幕の冒頭に、全キャスト15名で歌うものですが、今回限り、各Wキャストも含んだ18名での歌唱となりました。ソロを飾る方達の声の伸びも、全キャストの声の重なりも、本当に美しく、つい泣いてしまいました。しかし始まる直前にハンカチを落としてしまい、拭うことが出来ず…。楽しそうに、伸びやかに歌う村井さんも、本当に眩くて格好良かったです。

What You Own

こちらも本編ではあり得ない、マーク&Wロジャーでの歌唱。マークとロジャーとの掛け合い部分は、ユナクさんと堂珍さんで分け合っていました。歌っているロジャー達に、交互に顔を向け、マークとして楽しげにアプローチしていく村井さんが、やっぱり格好良かったです。はける際に、堂珍さんが村井さんの背中に飛びかかっていた(おんぶされようとしたとも、跳び蹴りしていたとも)という話を聞きましたが、激下手だったので全く見えず…相変わらず仲が良さそうで和みました。あと、ペダステTWでも感じていましたが、村井さんは本当に歌が上手くなられて…伸びやかで力強いだけでなく、感情が丁寧に織り込まれていて、What You Ownの高まる掛け合いからの「ボクは撮りたい映画を撮る!」に、ハッと胸をつかれたような感覚を持ちました。

 

歌唱後、司会さんが諸々の説明などをしている間に、キャスト・バンドメンバー退場、スタンドマイク撤去、椅子の設置完了。再度キャストを呼び込み、椅子に座っていただきました。

質疑応答

割と記憶が定かでない部分が多いので、村井さん部分と、印象に残った部分だけ書かせていただきます。

RENTという作品について

村井さん「若輩者ですが精進して、座長として引っ張っていけるようになりたい。RENTはオーディションの話をいただいて、初めてDVDで映画版と舞台版を視聴。これまで一度も舞台のDVDで泣くことはなかったけど、これは初めて泣いた。訳もなくこみ上げてくる、伝わってくる物のある作品だと感じ、大好きになった」(RENTに携わるにあたって、と、初参加の意気込み、等の質問への回答が混ざっています)

あと、IVANさんがRENTに携わるに当たって「自分は女の子なのに、また男性としての立場にならなくちゃいけないと言うことに、葛藤を覚える時もあった。でも、RENTが作られた時から時代が変わり、LGBTの社会的立場も変化している今、そして自分だからこそ作り上げられるエンジェルの姿があるのかも知れないと思い、参加を決めた」と言っていたのが、印象に残りました。外見的には女装をした男性とひとくくりにしてしまいがちですが、IVANさんは女性(MtF)で、エンジェルは男性(ゲイ/ドラァグクイーン=異性装)と、内面はおそらく大きく異なるのだと思います。私もほとんど門外漢なので、まだ少し混乱しますが…ご当人の心中も、複雑な物があったのだろうと思います。しかし、当のIVANさんは、明るく「真面目な話しちゃったね!」と微笑まれていて、強さと可愛さを心から感じました。

IVANさんが回答されている時、とても彼女の仕草が可愛いタイミングが有り、村井さんが、堂珍さんをつっついて「可愛い! 可愛い!」と口パクか小声で騒いでいたのが、最高に可愛かったです。

また、多分この前後あたりに、ジジジジ…と不思議な音がステージ上から響き、キャストさんも怪訝そうに辺りを見回す時がありました。その後、フッと背後から照らしていた黄色系の照明が消えたのですが、それを受けて村井さんが「消えちゃった!」と口パクしていたのが、やっぱり最高に可愛かったです。何故かこちら側を見てぱくぱくしてたのがもう…堂珍さんは上手側にいたのに…可愛い。無邪気可愛い。照明はその後、特に復旧することもなく、消えたままで終わりました。

 

村井さんへ 初海外ミュージカルですが、苦労している部分などはありますか?

村井さん「英語の歌を日本語で歌う事に苦労している。原曲の意味・魂をそのままに、日本語で歌い上げられるように頑張りたい」

答えきってから、「質問なんでしたっけ? あってます?」と周りに問いかける場面も。堂珍さんがあってる、と答えたり、もーリーン役の上木さんがサムズアップで答えていたりと、とても温かい座組の様子をうかがうことが出来ました。

 

Wロジャーへ ロジャーに共感するところ、しないところ等ありますか?

堂珍さんもユナクさんも、ロジャーの曲One song gloryについて触れ、至高の一曲を作りたいという気持ち、でもそれに辿り着けない悔しさや苦しみに、強く共感するという事を言っていました。

 

全キャストへ 好きなナンバーを教えて下さい

全キャストへとの事だったため、村井さんは曲名だけを答えて、次の堂珍さんへと回しました。しかしユナクさんが回答の枕に「ラブソングが好きなので」と言った事から、「やはり好きな理由も教えて欲しい」と司会さんか質問者さんより希望が出て、もう一度村井さんから回答のし直し。「全員だから、テンポ良く行った方が良いのかと思った」と言っていた村井さんが可愛らしかったです。曲名はTwitterなどで確認しつつ書いています。他のレポさんに感謝です。

村井さん「What you own:マークが、撮りたい!と意欲と決意を見せる曲だから。(感情移入できる、というニュアンス?)」

堂珍さん「One Song Glory:ロジャーの気持ち」

ユナクさん「Your eyes:ラブソングが好きだから、大好きだから」

ジェニファー「Goodbye love:皆の気持ちが出ている(多分)」

Sowelu「Seasons of Love:やっぱりこの曲!」

平間「contact:(何だっけあの曲?と加藤さんに確認して)自分が歌うから」

IVAN「Out Tonight:(ミミのあの曲…とTAKEさんに確認して)ミミが自分に似ているから…演じるのはエンジェルだけどね!」

TAKE「Santa Fe:生バンドが素晴らしい」

加藤「take me or leave me:女子のキャットファイトが凄いから」

上木「Rent:冒頭のお祭り騒ぎ感がいい」

奈良木「finale B:ラストで良い曲」

二人ほど誰かとかぶっている方がいた記憶はある…が、詳細が思い出せないです。抜けている方は申し訳ありません。

 

最後に何か話があって、プレス用囲み取材とフォトセッションに移行するため、オーディエンスは退場。とにかく、冒頭の歌唱披露にノックアウトされたまま、フワフワとしている内に終わってしまった感覚でした。村井さんのライブ会場でのパフォーマンスに久々(武士ロック以来…)に触れて、やっぱ格好いいなぁあああああ!!と再度惚れました。やっぱ格好いい。格好いいです。可愛いですけど、格好いい。好きです。

本公演が、本当に楽しみです。今回は素晴らしい機会に参加させていただき、本当にありがとうございました。

*1:2012年版RENT公式サイトより 『RENT』の生みの親であるジョナサン・ラーソンは、すべての人にこの作品を愛して欲しいと切に願い、特にその登場人物の様に、生活に余裕がないながらも一日を懸命に生きている人々にこそ、観劇の機会を提供したいと考えていました。『RENT』は、これまで世界各国で上演されてきましたが、いずれの地でも、その誕生の瞬間を見ることなく世を去ったこのジョナサンの思いを受け継いで、公演当日に最前列の良席をリーズナブルな料金で抽選販売することがよき伝統となっています。そこで、今回のシアタークリエの公演でも、最前列の10席を「エンジェルシート」として、公演当日に抽選で販売致します。なお、「エンジェルシート」の命名にあたっては、オリジナルキャストのマーク役アンソニー・ラップさんが快くその名付け親を買って出て下さり、「エンジェル」の役名にも由来するこの名を付けて下さいました。ここに併せて、ご報告させていただきます。

*2:キャストさんがいない間は、撮影OKとのことでした