読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来て、見て、書いた。

自ら足を運び目にしたものを書く方向性。

アナタのダーリン

イベント 村井良大 感想

2013/3/17

帝国劇場2階ロビーというマジカルな場所で開催されました、私のダーリンイベント「アナタのダーリン」
正直、どういう形式でやるのか全くわからず、ちょっとドキドキしておりましたが……2階にあがって、ロビーにみっしりと、フラットに敷き詰められた椅子(150席プラスα)を見て、「あ、ハイ」と素直に納得しました。
2階ロビーに上がってすぐ右手側にある、一段高くなった場所に、ダーリン達の座る席が設えられてました。しかし、そのちょうど真ん中あたりに、天井から「化粧室」って書かれた看板がぶらさがっていまして。ちょっとジワジワ面白かったです。
椅子が互い違いになっていたお陰で、なかなか見やすかったのですが、かなり後方+激上手に座っていた為、一番下手の大河くんは、ほぼ見えませんでした。でも大河くん、本当に喋りが上手で! 声だけでも、ぐいぐいとひきつけてくれました。
司会進行は、Twitterでの宣言通り、ダーリンちゃん! テーブルの上にちんまりとお座りしていたらしく、やはり私はほぼ見えてませんでした。アテレコされた声はしっかりと聞こえました。思ったよりお姉さんな声でした。(ロリ声だと思っていた…)ダーリンちゃんの、「アナタのダーリン達をお呼びしましょう!」というかけ声に応じて、ダーリン達(´ω`*)が出てきてくれました。
村井さんは、ペダルイベントでも着ていたスカイブルー地に、ハワイアンな虹と風景のプリントのシャツ+ブルーグレーのカーディガン。腰から下は人の頭で見えませんでした。あと大河くんが割とちゃんとした上着を着ていたことしか覚えてないです。
冒頭で、皆の名前+役名が公開。でも村井さんのアオキユウマしか覚えてないです。
メモも何も取ってないので、大体の記憶しか残ってないポンコツ。
みんな一人一人が挨拶をしてくれたのですが、トップバッターの古川くんが、「本日はこのような早い時間におあつまにまりまいまして……」 噛んだ。噛んだのが可愛すぎて他の二人が何喋ったか忘れた。確か、他の二人がものすごくそつなく終えたので、古川くんがちょっと「なんだよーもっとなんかしろよー」みたいな感じに突っかかってたような気がします。
初通しの感想?みたいのを話してた気がするんですけど、大体忘れました。村井さんは割と……ダーリンちゃんのツイートにあったようなことを言っていたような? 公式Twitterが写真も情報も充実してるので、眺めてるだけで結構幸せになります。これから一週間……あれ? 初日って何日からだっけ? あと何日?と三人して日時感覚がなくなっていた便利屋組。お客さんにあと9日だよーと教えて貰って、残り少ない本番までの日を充実させていきたい、としめていました。
ここからは、応募フォームにあった、「キャストに聞きたい質問・お話」を聞いていくという方針に転換。採用された方には、お好きなダーリンから薔薇を一輪プレゼント!というホワイトデー仕様。
前に行って貰うのは恥ずかしいな…?!と思っていたら、キャストさん達が壇上から降りてお花を配達しに来てくれました。細い通路を小走りでてってこ走る三人が可愛かった~。また、私のいた場所は、村井さんがお花をさしあげた方々に近く……、私の一つ隣にいた方に、村井さんが薔薇を差し上げた際に、無防備な、痩せて綺麗になった横顔をガン見することが出来ました。本当に美しかったです!
どのタイミングだったか忘れましたが、古川くんが、「ダーリンちゃんは、女の子なのに、ダーリンちゃんなんだね」と言い、大河くんが「いいじゃん女の子でもダーリンで!」と返すシーンがありました。

それでは質問に移ります。

 

《バレンタインに、好きな子からチョコを貰っちゃった! でも本命かギリかはわからない……そんな時、あなたは何と返しますか?》
たまたま、この質問をされた方とお喋りする機会があったのですが、真剣な顔で「まさか採用されるとは思ってなかった」と言っていたのが面白かったです。ダーリンちゃんを好きな子に見立てて、お芝居することになった便利屋組。村井さんは「先にすべった方が傷が浅くてすむんだ!」とか言いながらトップバッターに。今回のイベントでは、村井さんは率先してすべりにいっていて、しかもその度に宣言するものだから、うるさいわ可愛いわで和みました…「俺は空気を凍らすぞジョジョォォ!!」みたいなノリで……。村井さんの回答はほぼ忘れてしまいましたが、最後にいい笑顔で、「その髪型、イケてるね!」って言ってたのは覚えてます。それにダーリンちゃんが(照れてるのか、引いてるのか、微妙なニュアンスで)「あ、ありがと…!」と答えていたのが可愛かったです。
二番手は古川くん。天然が炸裂というか…冒頭に、「こんな所に呼んじゃってごめんね。来てくれて……ごめんね」と言っていたのがツボに入って、それ以降覚えてません! 来てくれて…ありがとうでいいんだよ。かわいいよ。
最後の三番手の大河くんは、自分がトリではないと言わんばかりに、下手の方を見て宣言していたのが可愛かった。話としては一番大河くんがまとまっていました。バレンタインはありがとう。でも君の本当の気持ちがわからなくて……みたいな前振りがあってから、ごめんなさいならチョコを、友達ならクッキーを、それ以上ならアメを選んでくれないか? と、質問返し。それに対してダーリンちゃんは、「マシュマロがよかったな……」 そんな落ちかよー!とばかりに、「お前の頭をマシュマロにしてやろうか…!」と唸っていた大河くんが可愛かったです。
この質問をされた方は、村井さんからバラをいただいておりました。

 

次の質問なんだったかなー。忘れてしまいました。とりあえず、他のそうそうたる方々に、勉強させていただいてます、と言う大河くんがいた気がします。ダンスも歌も、皆上手だから追いかけるのに必死だとか。それで、ダーリンちゃんより、格好いいフリ・フレーズを披露しちゃいましょう! という号令が。古川くんが、先に立った村井さんをちょんちょんつついて、耳に内緒話。なんだなんだと寄ってきた大河くんにもお話しして、それでいこう、と意気投合する便利屋組。そして披露されたのが、ショッカーみたいなご挨拶 \イーッ!!/ いやぁ体力使ったね、良い感じだったと自画自賛しながら、三人は席へと帰って行きました……。ダーリンちゃんのツイートでも、やはり同じポーズを披露していたので、もしかすると本編でもやるのかも知れないです。最近ショッカーを見ると、海東くんの無駄にスタイルの良いショッカーを思い出します。
この質問をされた方は、大河くんからバラをいただいておりました。

村井さん、大河くん、とバラを渡すダーリンが移っていったのを受けて、「次は……」と思案顔の古川くん。空気読まなくても良いんだからね、好きな人からバラを貰えば…とフリをするのがとても可愛かったです。(これ以降もちょいちょい同じネタを挟んでいました)

 

そして次の質問、
《村井さんと大河さんに質問です!》
会場爆笑。古川さん落胆。でもがっかりする必要はありませんでした。というのも、この質問は、古川くんファンが出した物だったので!
質問の全文は、
《村井さんと大河さんに質問です。古川くんの天然エピソードを教えて下さい》
村井さん:あいうえお作文が上手い
大河くん:実は腹黒 → 言い方間違えた。頭の回転が速い
あんまり天然の話じゃないな?!
とりあえず古川くんのお名前「ゆうた」とダーリンちゃんたっての希望で「だーりん(だありん)」で作文……ですが、しっちゃかめっちゃかでした。朝だからだ、ほんとはもっとすごいんだとフォローされ……あと村井さんが「おすし」をしきりに推すものの、古川さんはもうやめようと言い打ち切りに。
この質問をされた方は、古川さんからバラをいただいておりました。
よかった、よかった。

この辺りから質問の順序や流れを忘れました。

《共演する女性陣について》
・黒木さん
村井さんが「本当にオーラがすごいんだよなあ。あれは、なんだろう……」と思案し始めようとした所に、古川さんが「オーラだよね」と相づち。結局「全体がオーラ」という所に落ち着きました。本当にきさくで優しい方で、あと休憩に入っても休んでいることがない、フリのおさらいとかタップを踏んでいる。すごい人だと言っていました。
・愛原さん
ダンスが本当に綺麗、見せ方が上手くて、手首?が綺麗(村井さん談)かえしとか仕草が綺麗なのかな…。この方も優しくて、古川くん曰く今まであった人の中でベスト3にはいるそう。それに乗っかって、村井さんは、俺が何をしても笑ってくれるから優しいと同意。古川くんか大河くんに、「多分君がツボなんだと思う」と言われ、そういえば普通の顔してても「何その顔ー!!ww」と笑われるなと思い出していました。その笑いに対して「いや普通ですけど」と返す小芝居をやってた時のテンションが面白かった…。
・愛音さん
天然だよねと、天然古川くんに言われるてんねんさん。基本的に癒し系なんだけど、時々怖い時があってと大河くん。ダンスをやっている時に、ふ、と、「ダメだよオタクなんだからガンダム着なくちゃ」と早口で淡々と言われ、震え上がったそう。それ以来しばらくガンダムTを着続けたそうです。(村井さんが、あぁだからずっとガンダムを……と納得していた)あと、つっつくのは愛音さんの方だったか。ダンス練習している時に、さかけんさんを激しく突いている瞬間を見てしまった、と言う村井さん。古川さんは、結構つっついてくるよと言うものの、他の便利屋組はその様な経験が無く……どうやら、ダンスの並びが近い・前後になる人?をちょいちょい突っついてるようです。可愛い。

《学生時代にマドンナ的な女性はいましたか。また、その人にどんなアピールをしましたか?》
・古川くん
体育委員の子がマドンナ的な子だった。球技大会? 体育祭? の時に、ハンドボールとバスケットボールに出たかったのだけども、原則として、出場して良いのは一種目のみ。バスケに欠員が出たので、何とか潜り込んだ所、他の男子が元々のバスケメンバーを強制帰還させてまで参加。その後、何故か古川さんだけマドンナちゃんに怒られたそう。「あのさぁ、そういうのってホント良くないと思うんだよね??」と叱り方を実演していたのが可愛かったです。
・村井さん
後ろの席の人がマドンナポジの子だった。でも周りから色々勘ぐられ(彼氏がいるんじゃないか、とか)逆に孤立していた。自分は席が近かったので、自然と喋るようになったけど……………………という所でお話終了! 恋だの! 愛だのには! なりませんでした!!
・大河くん
高校一年生の時に、三年生にマドンナ的な人がいた。その時は何も起こらず終わってしまったけれど、大河くんが三年生になった頃、バイト先で成人した先輩に再会。休憩中、たばこを吸いながら、大河くんに「タバコ噛む人って、欲求不満なんだって。ホラ」と笑いかけてきたのが印象に残っている。再現の時の声と間が本当に少女漫画で、聞いててウォオオとなりました。このときも大河くん見えてないので、声だけで滾った……。何故かこれが気に入った古川くんが、おかわりを要求し、大河くんは二回実演させられていました。あと、大河くんが先輩と再会する所で、古川くんが「えっ、二十歳でバイト?」と小声で言っていたのがジワジワ来ました。そこなんだ。そこなんだ?

《秘密を教えて》
どういう前振りでこういう質問が出たんだっけ。まあいっか。
村井さんは秘密という秘密はない。大体喋っちゃうと言ってました。古川くんもオープンだよねと同意。なんか、「秘密」って概念がよくわかってなさそうな雰囲気でした…ふしぎないきものだ。
古川くんは、結構秘密ありますよ、とのこと。こう、壁をつくって……と顔の周りにATフィールド的な物をジェスチャーする古川くんが可愛かった。なんだかミステリアスな部分が欲しいからとも言っていたかな。そして、秘密は喋ったらもう秘密じゃなくなっちゃうし、喋れるようならそれはそもそも秘密じゃない。とかそんなことを言って拒否。
大河くんはちゃんと秘密を喋ってくれました(笑) とある映画の、全力疾走するシーンで、ピンクの髪留めをつけたまま撮ってしまった。しかも大御所さんがいるシーンでもあったので、撮り直しするわけにもいかず。カットと言われた瞬間、髪留めをとって、素知らぬフリをしました。とのこと。公開年や大御所がいる、全力疾走するシーンというヒントを元に、どの映画か当てようとしている古川くんがジワジワ来ました。この時は……多分大河くんがバラを質問者さんに渡しに行ったのかな。大河さんがうろついている間、村井さんが、そういえば俺もそんなことあったなー的なことを、古川さんに言っていました。DCDのMユウスケであったね。

《お互いに直して欲しい所はありますか?》
・村井さん→大河くん
前に共演した時に、大河さんが大変忙しく、寝る間もない状態だった。その日も、三徹目を過ぎて四徹目突入していたらしく、普通の稽古時間なのに深夜テンション。テンションに任せて、突然「俺、今ならバク転出来る! ぜったい出来る!!」と大河さんが言い出したそうで。必死に、「やめて! 本番前に無駄な怪我しないで!!」と止めるも虚しく、大河さんはバク転を実行。結局成功はした物の、ものすごく肝を冷やしたそうで……。(やばい、今回の舞台にほぼ関係ない上に、別に直して欲しい所じゃない……) まあ、そういう無茶はしないでね、あとちゃんと寝てねってことでしょうか。「あれ初バク転だったの?」「うん」と今更になって確認している、村井さんと大河くんが可愛かった…。
・大河くん→古川くん
稽古の、通しではなくて、シーンをさらっている時? シリアスなシーンで、地味に笑っているのをやめて欲しい、とのこと。前に聞いてみたら、その前のことを思い出して笑っていたそうで、大河くんは、なんで今思い出して笑うの!と、突っ込みたそうでした。それに対して村井さんは、そういえば二人で笑ったこともあったよねと、謎の助け船……いや、多分助かってないけど……を出してました。笑ってもいいシーンではあったのだけど、なんかの拍子に、村井さんと古川くん二人同時にツボに入ってしまい。お互い、同時に顔を見合わせてから、0.5秒位してから、スッ……と俯いたという話でした。村井さんの出す助け船は、どう漂泊してどこに着くのかがわからない…。大河くんは「二人揃うとやばい。すごい爆発力になる」とか言ってました。
ダーリンちゃんが、「村井さんに直して欲しい所がでていないようですが……」と言うと、
・大河くん→村井さん
「花粉症を治して欲しい」古川くんも、「見てるだけでも辛い」と言う程のひどさ。どうやら、ターンする時に鼻水がビュッと飛ぶらしく。しかも近くにいた大河くんの服に、その鼻水がついたのを指差して、「ハイ鼻水」と悪びれず言うとか。村井さん曰く、「オレ被害者だもん」花粉の被害にあってるのは村井さんだけど、鼻水の被害にあってるのは大河くんです。最近は稽古中とか、ダンスする時にマスクをしてるんだけど、その下は「グチョグチョだよ」と。そんな顔見せられないから、マスクしてるのと言ってました。鼻が詰まるのは良いんだけど、たれてくるのが一番辛いそうで。休憩、となった瞬間に、ティッシュを取りに行く時の様子がすさまじい、とは大河くんの談。大河くんが「動きが素早すぎて、生き物みたい」と感想を漏らすと、村井さんがやや怪訝そうに「俺、生きてないの?」的なことを聞いていました。大河くんはそれを受けて「人間じゃないみたい」と訂正していましたが……それはそれで、シュール(笑)ティッシュのある場所まで、机の細い隙間を縫って歩く様も、素早すぎておかしいみたいです。

《稽古場でのハプニング》
ハプニングなんてあっちゃいけないんだよ!と言う便利屋組(笑) とりあえず、村井さんの眼鏡が割れた時のことは言っていました。ターンした瞬間に眼鏡がビュッと飛んで、床に落ちてパカーンと割れてしまった、と。周りが、どうしよう、どうしよう、と慌てているのに、当人は「いつか必ず壊れる物だから……」とかなり冷静に拾い上げていたそうです。他には、まあ、何事もなく。これでタイムアップ、ということで、残ったバラを立ち見の方々にお渡ししておしまい。ダーリンちゃんは古川くんの手のひらに乗せて帰っていきました。