読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来て、見て、書いた。

自ら足を運び目にしたものを書く方向性。

Nsquareプロデュース「Hometown」

舞台

Nsquareプロデュース「Hometown」に行ってきました。

 
先日の春の桜まつり2015|時速246億 OFFICIALにて、郷本直也さんがこちらの公演の告知をされていたので、帰り道に予約しました。
 
有楽町のギャラリー悠玄さん。
f:id:torata_nu:20150419205918j:plain
軋む音すら暖かい木造の階段を、白い壁の会場へと下ります。座席は2列のみ、全部で30席程度でした。
私は予約が遅かったので、2列目の端の方。でも頬杖をついた時に、わずかに寄る頬の皺も見え、息遣いも感じられる、超至近距離でした。
 
郷本さんの独白/朗読と、ミスしゃっくりのパフォーマンスが交互に進んでいきます。
ミスしゃっくりのパフォーマンスは初めて見たのですが、軽妙な音楽と滑稽なパントマイムがとても魅力的でした。
 郷本さんの(ほぼ)一人芝居も、今回初めてでした。とてもいい声で、間をたっぷり使って丹念に描かれた物語に、聞き入ってしまいました。
 
内容については、まだ千秋楽前ですので触れませんが…私自身はこれまでほとんど知らなかった話なのですが、郷本さんによって情感を与えられたそれに、とても興味を引かれました。帰宅したら、いろいろ調べて、より深く学びたいと感じました。
 
ラストにミスしゃっくりと郷本さんのパフォーマンスが交錯する所は、強く心を掴まれました。これを覚えて、また見ると、それぞれの感じ方が変わるのかもしれません。
 
あと単純に、郷本さんのお顔とお声が好みで………!! 超至近距離で、一時間近くガン見出来るのは、ひたすらご褒美でした。ありがとうございます。
 
アンケートを書いて外に出る際に、ロビーで歓談されていた郷本さんと鉢合わせし、ものすごくテンパりました。落としかけた帽子を押さえてくれようとしたり…近くで見るとしみじみイケメン…キャプテン……。
また機会があれば、郷本さんの舞台を見たいです。
 
帰りは一本隣の通りにあるはしごにてちーすいめんを食べました。
f:id:torata_nu:20150419205712j:plain
担々麺も美味しいですが、これもサッパリとたべられるので好きです。